世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

冷え性?冷え症?

【概要】
冷え性:「冷え」を病気と捉えず「冷え」に過敏な性質(たち)と捉えるのが西洋医学
冷え症:「冷え」は万病のもととなる考えから「未病」として捉えるのが東洋医学
※「未病」とは今は病的な状態ではないが将来病気になるおそれがあること

【原因】
・手足など身体の隅々まで血液(熱)を上手に運べないため・・・血行循環不良
・身体が上手に熱を作れないため・・・・・エネルギー源不足(食生活)、運動不足

【冷え性(症)が引き起こす疾患】
・膀胱炎~尿意が近くなる、残尿感、排尿時痛など
・生理不順~生理痛、腰痛、頭痛、吐き気、イライラなど
・貧血~鉄分不足
・低血圧~手足の冷え、肩こり、疲れ、だるさなど
・更年期障害~女性ホルモンのバランス崩れ、不定愁訴、自律神経失調症など

【予防法】
・入浴で血行促進~40°C前後のお湯に20分程度浸かる
・運動~ストレッチ運動、ウォーキング、足裏刺激療法、背伸び運動など
・保温~保温性の高い下着や靴下
・規則正しい食事~蛋白質・脂質・炭水化物、ビタミン、ミネラルなどバランスのとれた食事。特に朝食をしっかり摂る

冷え性(症)は単に身体を外から温めれば解決するものではなく、体の内側にある原因に対向した抜本的な解決策でなければなりません。五健整骨院では身体全体の代謝を高める治療を駆使し、一人ひとりに適合した冷え性(症)治療法、予防法を提供しています。

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ