世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

なぜ手首というのか?

首(頚)の語源は「くびれ」から来ています。人体で直接生命にも関わる重要な部位は「くびれ」ています。首、手首、足首、大腿骨頚部、上腕骨頚部、橈骨頚部などです。生命にも関わる動脈や神経が外力に遭遇し損傷しないようにくびれているのです。
「首」の総頚動脈は両肩の出っ張りによって外力から守られていますし,「手首」の橈骨動脈は親指側の茎状突起と小指側の茎状突起によって守られ、「足首」の脛骨動脈は内果、外果によって守られています。
これらの重要な部位が、不幸にして外力に遭遇し骨折や脱臼、捻挫、打撲などを受傷した場合は非常に治りが悪く一生後遺症に悩まされ続けている人は沢山います。
どんな手首の疾患に対する治療でも非常に専門的な知識や熟練した技術が必要でありしっかりとした医療機関を選択する必要があります。

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ