世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

コンコンしてませんか?

こんにちは。太子堂本院の伊東です。

 

空気の乾燥する季節です。みなさんの周りで、コンコン咳をしている方はいませんか?

今日は、咳喘息について、お話します。

例えば、乾いた咳が続く、ゼーゼー、ヒューヒューはいわないが、吐くときも吸うときも苦しいのは、咳喘息の疑いがあります。

西洋薬の咳止めは、脳に働いて咳反射を止めるものと、肺や気管支に働いて咳を止めるものがあります。ただし、強力な咳止めはかえって、感染が悪化する恐れがあるので、注意が必要です。

咳喘息は、気管支拡張薬が有効です。

似た症状で、喘息発作を伴わない咳をするものに、アトピー咳嗽(がいそう) があります。これは、抗ヒスタミン剤やアレルギーを抑える吸入ステロイドが有効です。

私たち五健整骨院では、姿勢を正すことから始めます。例えば、猫背になると肺が潰れてしまいますし、首だけが前に出て喉が潰れてしまいます。他にも、首の骨が歪むと呼吸をつかさどる横隔神経を痛めます。悪い姿勢で肩の筋肉に負担がかがると、その付け根である後頭部の筋肉が緊張します。これは呼吸中枢である延髄の負担になります。

良い姿勢が取りやすくなるように、筋肉と関節を整えます。

東洋医学では、気候から来るものと、体の中から来るものに分けて、もし、気候の寒さから来るなら、白い痰、暑さから来るなら黄色く粘る痰が出ます。体の中から来るものは、水分代謝が原因のもの(腎)、冷たいものや油ものを取りすぎが関係するもの(脾)などがあります。

患者さんの症状に合わせて、または医師の診断に基づいて、現代医学的に体の歪み、または、東洋医学的に鍼灸を使ってアプローチしていきます。

まずは、ご相談ください。五健整骨院では患者さんに合わせた施術をご提供します。

 

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ