3月世田谷中里体操教室

皆さんこんにちは、世田谷本院の粟竹です!

春なお浅く、朝夕の冷え込みもまだまだ厳しい昨今ですが、みなさまは体調お変わりないでしょうか。

さて、そんな中今月も中里体操教室が開催されました!

前半は、「こんな前ぶれに注意!Part2」について会長が講義してくださいました。

Exif_JPEG_PICTURE

◆「歩行すると両下肢の痺れが出るが、前かがみで小休止すると消失し再び歩ける」の繰り返し

 

 

①腰部脊柱管狭窄症 

・腰椎の脊柱管が狭くなり中にある神経が慢性的に絞扼される

・殆どが腰椎の変形が原因、男性に多い

・痺れが主体であり腰痛や下肢痛はない

 

◆膝を安静にしていれば痛くないが運動時に痛む、特に動き始めに痛い

①変形性膝関節症

・中年以降の膝疾患で最も多い。肥満や膝周辺の筋力低下(運動不足)

・関節の老化…軟骨の摩耗、骨棘(トゲ)形成、変形(O脚)

・膝関節の外傷後の後遺症

・両膝に発症し痛くて、真っ直ぐに伸びない

 

後半は、田中先生による肩まわりの体操(筋膜リリース)と粟竹によるリズム体操で思う存分身体を動かしました!!

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

次回の開催は4月13日です!

皆様のご参加奮ってお待ちしております!!

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ