七月にむけて!② | 世田谷区を中心に9院展開の整骨院

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!

開業40年の経験と実績!世田谷区を中心に9院展開

七月にむけて!②

2015/06/30 | カテゴリー:太子堂本院

明日から七月にはいりますね!

暑い日の冷たいビールやアイスは最高!!暑くなってくると、冷たい食べ物や飲み物がおいしく感じられるものですよね。

ですが、冷たいもの摂りすぎは身体にとってはNGです。

冷たいものを摂りすぎると
体温調節に関わる自律神経が乱れ、疲れやだるさがでます。

さらに問題なのが
胃腸が直接、急激に冷やされ、血流が悪くなってしまいます。
そのために消化器官の機能が低下し、食欲が落ちたり、下痢、夏バテなどを引き起こす原因となってしまいます。

また細菌などから体を守るリンパ球の働きが落ち、免疫力が下がり
その結果、夏バテ等よりも風邪などの感染症にもかかりやすくなります。

その他にもジュースやアイスクリームなど冷たくて甘い食べ物には、多量の砂糖が含まれています。

同じ量の砂糖で温度による甘みの感じ方を比較した場合、最も甘味を強く感じるのは体温に近い温度~常温程度といわれています。

甘みは冷たくすると感じにくくなります。

みなさん経験したこともあるんじゃないでしょうか?溶けたアイスクリームを舐めてみたら、冷たい時よりも甘いと感じたことはありますよね?


砂糖を摂り過ぎると、糖質の代謝にビタミンB群が消費されるため、ビタミンB群が不足しがちになります。

糖質過多は他にも疲労感、イライラ、集中力低下などの原因になるとも言われています。

夏に温かい飲み物を飲むことに抵抗があるならば、せめて、キンキンに冷えているもの以外を摂るようにしましょう。
「少し冷たい」と感じられる程度のほうが身体にとっては優しいです。

どうしてもキンキンに冷えたビールが飲みたい!というのであれば、一気に大量に飲むのではなく、ゆっくりと味わいながら飲むことを心がけてみてください。

食べ物も温かいものを食べるのが理想的ですが、冷たいものを食べたら食後は温かいお茶を飲むなど、内臓を温めることを心がけましょう。

身体を温めることは、代謝・免疫力UP、内臓の働きを良くする等、キレイで健康でいるためには必要不可欠なことなのです。
 

夏は思った以上に冷房で身体が冷えています。
暑い季節だからこそ、身体が冷えないように意識することが大事ですね。

太子堂本院一覧へ戻る

五健鍼灸整骨院グループのご案内

グループ院のアクセスマップ
料金・アクセスはこちら

グループ院

整骨院の一覧を見る

院別ブログ

五健からのお知らせ

お知らせ一覧を見る

おすすめメニュー

整骨メニュー一覧を見る

鍼灸メニュー一覧を見る

美容メニュー一覧を見る

整体メニュー一覧を見る

お悩み別に見る

お悩み別一覧を見る

交通事故治療

交通事故治療関連

Copyright © 五健鍼灸整骨院グループ All Rights Reserved.