西小山駅からすぐ! たかが捻挫されど捻挫|世田谷区を中心に7院展開の五健鍼灸整骨院

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!

開業40年以上の経験と実績!世田谷区を中心に8院展開

西小山駅からすぐ! たかが捻挫されど捻挫

2015/08/28 | カテゴリー:西小山本院

こんにちは。

五健鍼灸整骨院西小山本院です。

今回は「捻挫(ねんざ)」についてお話します。

一度損傷してしまったら、 しっかりと施術・予防をしないと

痛みが残ってしまうばかりか、捻挫癖がついてしまう事も。

そうならない為には、どこの部位の靭帯損傷なのかを正確に見極めなければいけません。

足部の靭帯は多数あり、その中でも一番多いのは内反捻挫による

前距腓靭帯損傷(ぜんきょひじんたいそんしょう)なのですが、

今回は、足関節捻挫の中でも

特に見逃されやすい

リスフラン靭帯損傷をテーマにしたいと思います。

まずリスフラン靭帯損傷の解剖的にポイントとなるのが3つ。

1、リスフラン関節の中でも第1楔状骨(けつじょうこつ)と第2中足骨の離開が損傷の主体である。

2、第2中足骨基部は3つの楔状骨が形成するくぼみに挟まれ、横アーチの頂点に存在。

3、第1、第2中足骨間には靭帯は存在せず、第2中足骨基部と第1楔状骨との間を斜走して結ぶリスフラン靭帯により結合。

 

またリスフラン関節損傷の受傷原因は大きく分けて2つ。

1、交通事故などによる強い外力によるリスフラン関節脱臼。

2、スポーツ特に球技系で受傷することが多いリスフラン靭帯損傷。

しかしどちらも頻度的には低く、 X線での変化に乏しいので見落とされやすい疾患の1つです。

普通の捻挫と診断し治療され陳旧性へと発展しまうケースが多くあります。

治療に関して、保存療法・手術療法があります。

「たかが捻挫されど捻挫」五健鍼灸整骨院では、

患者様にしっかりとした説明を行い手術が必要なのか、

手術しなくてもよいのか、

固定はどのぐらい必要なのかをお伝えしています。

整形外科での経過観察の下、

早期回復に努めますので、安心してご来院下さい。

目黒線西小山駅からにこま商店街すぐ→https://goken-g.co.jp/group/nishikoyama/

 

2図解2


あなたにおススメの記事はこちら

西小山本院一覧へ戻る

五健鍼灸整骨院グループのご案内

五健鍼灸整骨院 各グループ院のアクセスマップ
料金・アクセスはこちら

グループ院

整骨院の一覧を見る

おすすめメニュー

整骨メニュー一覧を見る

鍼灸メニュー一覧を見る

美容メニュー一覧を見る

整体メニュー一覧を見る

お悩み別に見る

お悩み別一覧を見る

訪問サービス

   

交通事故施術

院別ブログ

新着ブログ

ブログ一覧を見る

Copyright © 五健鍼灸整骨院グループ All Rights Reserved.