肘のお話です!|世田谷区を中心に7院展開の五健鍼灸整骨院

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!

開業40年以上の経験と実績!世田谷区を中心に8院展開

肘のお話です!

2015/09/02 | カテゴリー:太子堂本院

   こんにちは。太子堂本院です。
 秋の長雨とは、言いますが、雨で蒸し暑い日が続きますね。
 さて、バレーボールW杯女子は残念ながらセルビアに敗れたものの、

4日アルジェリア、5日アメリカ、6日中国との試合です。
   ガンバレ、ニッポン!
今日は、肘のお話です。

肘にも、脱臼や骨折がありますが、

上腕骨外則上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)、

内側上顆炎(ないそくじょうかえん)、

いわゆるテニス肘、野球肘、ゴルフ肘です。
子どもの野球肘は、内側側副靭帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)、

外側の離断性骨軟骨炎(関節ねずみ、骨のカケラが関節の中を動く)、

後方の上腕三頭筋腱炎があります。
 

今回は、大人にみられる、肘の炎症のお話です。

これは、おもに使いすぎで起こります。

フォアハンド、曲げる側が、肘の内側が痛くなる「上腕骨内側上顆炎」、

バックハンド、伸ばす、手首を反らす時に痛むのが、肘の外側の「上腕骨外側上顆炎」です。image (4)

 使いすぎが原因なので、1番は使わなければ治りが早いのですが、

スポーツや、仕事、家事でどうしても、腕や肘を使う方は、

電気治療、超音波治療、関節の調整、サポーターやテーピングをすると

良くなるスピードが格段と違います。

image

  ぶり返す症状が、出る前に施術します。

ただし、目安は1ヶ月ですが、症状が軽くなるまで毎日、

良くなってきたら、施術の間隔をあけましょう。


自費で全身の調整をしていただければ、左右に偏った重心を正すことで、

肘の負担を減らすことができます。

保険施術で肘が良くなってきたら、その原因となっている体の状態の調整も視野に入れていきます。

検査、施術、予防まで、私たちが責任をもちます!
 お気軽にご相談ください。

https://goken-g.co.jp/group/taishido/

 

 


あなたにおススメの記事はこちら

太子堂本院一覧へ戻る

五健鍼灸整骨院グループのご案内

五健鍼灸整骨院 各グループ院のアクセスマップ
料金・アクセスはこちら

グループ院

整骨院の一覧を見る

おすすめメニュー

整骨メニュー一覧を見る

鍼灸メニュー一覧を見る

美容メニュー一覧を見る

整体メニュー一覧を見る

お悩み別に見る

お悩み別一覧を見る

訪問サービス

   

交通事故施術

院別ブログ

新着ブログ

ブログ一覧を見る

Copyright © 五健鍼灸整骨院グループ All Rights Reserved.