包帯の目的とは | 世田谷区を中心に9院展開の整骨院

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!

開業40年の経験と実績!世田谷区を中心に9院展開

包帯の目的とは

2015/09/14 | カテゴリー:太子堂本院, 西小山本院

こんにちは。太子堂本院の伊東です。
研修のご報告です。
9月12日(土)西小山本院にて、西小山本院の生方先生によるシーネ固定、目黒本院の小柳先生による包帯固定を受講しました。

そもそも、テーピング、包帯、ギプスなどの固定の目的は、

①骨折や脱臼等の整復位保持と再転位防止(ズレないように)
②患部の安静保持
③変形の防止と矯正
④患部の可動域を制限し、損傷組織の良好な治癒環境の確保(適度な密着)

つまり、
『治療後の良い状態を保つ』ことが目的です。
そのために、包帯がきつ過ぎたり、ゆる過ぎたり、厚さが均等でなかったり、患部から固定の焦点がズレてしまうと、効果がなかったり、悪化させてしまいます。
包帯固定とキャストライトという水で固まるギプスの実習をしました。

image (1)

私たちは、患者さんのより良い治療のために技術を磨いています。
ぜひ安心して、ご相談ください。

太子堂本院一覧へ戻る

五健鍼灸整骨院グループのご案内

グループ院のアクセスマップ
料金・アクセスはこちら

グループ院

整骨院の一覧を見る

院別ブログ

五健からのお知らせ

お知らせ一覧を見る

おすすめメニュー

整骨メニュー一覧を見る

鍼灸メニュー一覧を見る

美容メニュー一覧を見る

整体メニュー一覧を見る

お悩み別に見る

お悩み別一覧を見る

交通事故治療

交通事故治療関連

Copyright © 五健鍼灸整骨院グループ All Rights Reserved.