今話題、認知症 | 世田谷区を中心に8院展開の整骨院

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!

開業40年以上の経験と実績!世田谷区を中心に8院展開

今話題、認知症

2015/10/31 | カテゴリー:太子堂本院

おはようございます。

だんだん寒さが定着してきましたね。
最近ニュースにもなった認知症についてお話しします。

認知症中でもいろんな種類がありそれぞれ原因が違います。

今回はよく耳にする4つをお話しします。

まず、

アルツハイマー型認知症は、認知症の中で一番多いとされており、男性よりも女性に多く見られます。脳に特殊なたんぱく質が溜まり、神経細胞が壊れて死んでしまい神経伝達が出来なくなると考えられています。また神経細胞が死んでしまう事で、脳も委縮し身体の機能も徐々に失われていきます。

レビー小体型認知症は、レビー小体は脳の大脳皮質や、脳幹にたくさん集まっています。レビー小体がたくさん集まっている場所では、神経細胞が壊れて減少し神経伝達ができなくなり、認知症の症状が起こります。

脳血管性認知症は、男性の方が女性よりも多く発症している認知症です。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など、脳の血管が詰まったり出血したりし、脳細胞に酸素が送られなくなるため、神経細胞が死んでしまい認知症が起こります。アルツハイマー型が徐々に進行するのに対して、よくなったり悪くなったりを繰り返し進行します。

前頭側頭型認知症とは、若年性認知症など若い人でも発症する認知症で、頭の前にある前頭葉と横にある側頭葉の委縮によって認知症が起こります。前頭葉は感情をコントロールし、理性的な行動が出来るように計画を立てたり、状況を把握する機能を持っていて、生きる意欲を湧き立たせる事が出来る部分でもあります。また側頭葉は、言葉を理解したり、記憶したり出来る場所で、聴覚や嗅覚も司っています。

 

他にも認知症の方でも原因が様々ですね。何度も同じ話をされても怒らず優しく付き合ってあげましょう。

太子堂本院一覧へ戻る

五健鍼灸整骨院グループのご案内

グループ院のアクセスマップ
料金・アクセスはこちら

グループ院

整骨院の一覧を見る

院別ブログ

五健からのお知らせ

お知らせ一覧を見る

おすすめメニュー

整骨メニュー一覧を見る

鍼灸メニュー一覧を見る

美容メニュー一覧を見る

整体メニュー一覧を見る

お悩み別に見る

お悩み別一覧を見る

交通事故治療

交通事故治療関連

Copyright © 五健鍼灸整骨院グループ All Rights Reserved.