西小山本院 | 世田谷区を中心に8院展開の整骨院

代表施術者:厚生労働省認定 柔道整復師/鍼灸師 武田清七

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!

開業40年以上の経験と実績!世田谷区を中心に8院展開

西小山本院

平成22年の新型インフルエンザはH1N1対策に鍼灸

2010/12/26 | カテゴリー:世田谷本院, 弦巻本院, 太子堂本院, 経堂本院, 用賀本院, 渋谷本院, 六郷本院, 西小山本院

新型インフルエンザ(H1N1)

今年も残すところ1ヶ月となりました。気温も下がり忘年会シーズンにて体調管理・対策はいかがでしょうか?
さて今月は、昨年の今頃に世界中で大流行した新型インフルエンザ(H1N1)についての概要や予防対策を再認識して頂きたいと思います。ほとんどの方が免疫を持っていないので今年も感染者がでると思われのでしっかりと病態と対策を把握しましょう。  
そして子供・成人と広い年齢層で重症化する場合がある為、予防接種をすすめます。

*原因について

感染者の咳・くしゃみでの『飛沫感染』とドアノブやタオル等にウィルスが付着して触れる事によって目・鼻・口(粘膜・結膜)に侵入する『接触感染』があります。

*主症状について

突然の高熱(38℃~40℃)・咽頭扁桃の痛み・頭痛・倦怠感・鼻汁鼻閉。

季節性インフルエンザと比較すると下痢などの消火器症状が多くみられる可能性があります。
インフルエンザウィルスは、細菌とは異なり生物の中で増殖しますが数分から数時間で感染力は、失われます。ただ潜伏期は最低でも1日から7日(2日から5日が主)は潜伏しますので十分注意して下さい。

*対策と治療について

まずは手洗い・うがいです。石けんで15秒以上洗い水を切り清潔なタオルで拭き取ります。『咳エチケット』として他の人への感染拡大防止としてマスク着用(不織布製マスク)

何より日頃の体調管理が大事です。免疫力を上げるには鍼灸施術をお勧め致します!

https://goken-g.co.jp/menu/acupuncture/

 

 

予防接種であるインフルエンザワクチン。投薬では、抗インフルエンザウィルス薬(タミフル・リレンザ・ラピアクタ・イナビル)があります。

 

神経痛の特徴とそれに対する施術法

2010/11/26 | カテゴリー:世田谷本院, 弦巻本院, 太子堂本院, 経堂本院, 用賀本院, 渋谷本院, 六郷本院, 西小山本院

 

神経痛(Neuralgia)

末梢神経が感染や外傷、腫瘍、動脈硬化、糖尿病による神経炎、その他原因不明に刺激されて、繰り返し起こる発作性の痛み。針で強く刺されたような、焼け付くような痛みが特徴。特定の末梢神経領域に起こるため、全身いたるところに起こりうる。

〈特徴〉

痛みを誘発する箇所(圧痛点)が、特定の末梢神経の領域内に集中して起こり、突発性の鋭い痛みが短時間(数秒~数分)続く。

〈代表的なもの)

三叉神経痛:ヘルペスなどのウィルス感染によっても起こるが、大半は原因不明。顔面に激痛発作がみられ、髭剃りや洗顔、会話、温度刺激など軽度の刺激で痛みを誘発。

肋間神経痛:帯状疱疹のあとや感染によって起こり、発作性の胸痛を繰り返す。

坐骨神経痛:外傷や腰椎椎間板ヘルニアなど、機械的刺激によって神経を圧迫して起こることが多い。

その他、後頭神経痛、腕神経叢(わんしんけいそう)神経痛、大腿神経神経痛などがある。

〈施術〉:原因が判明していれば、原因と考えられる炎症・怪我・血管圧迫などに対する施術を行う。

薬物療法、牽引・マッサージなどの物理療法、外科的施術、神経ブロック、鍼灸療法などがある。

https://goken-g.co.jp/menu/acupuncture/

↑鍼灸施術で神経痛の様々なツライ症状を和らげます。

原因不明の場合は、痛みを止める対象療法が中心となる。

また、ビタミン類を多く摂取するよう心がけ、軽い運動を行う、身体を温めるよう心がける。

詳細については個別に各院のスタッフにお尋ねください。

ウォーキング目的別&身長別「最適なスピード」ご紹介

2010/07/05 | カテゴリー:世田谷本院, 弦巻本院, 太子堂本院, 経堂本院, 用賀本院, 渋谷本院, 六郷本院, 西小山本院

<ウォーキングのすすめ(2)>

今、五健整骨院で積極的におすすめしているウオーキング。前にも歩き方や効果を紹介してきましたが、大変反響をいただいております。
そして皆様から、いろいろと質問を寄せられる中、その中でも多かったのが「歩くスピード」です。

今回はウオーキングの効能を踏まえ、目的に合った「歩くスピード」をお伝えしたいと思います。
おさらいになりますが、ウオーキングの効能として

  1. お腹の調子を整える 
  2. 骨密度を高め骨粗鬆症の改善 
  3. 骨盤や脊椎のバランスを良くするなどの効果があります。
  4. 血液循環の促進 
  5. 腎臓の働きを良くし血液をきれいにする

これらのを効能上げる為に「歩くスピード」を調節することでさらに効果を高めることができます。是非、参考にして下さい。

第1生理歩行  ゆるやかな歩調。最も基礎的な歩行    上記1.にあたる。胃腸など消化器系の機能を増進させる。    
  身長約175cm→およそ2.5kmを40分で    
  身長約155cm→およそ2.1kmを40分で

第2生理歩行  速歩。もっとも速い歩行。   上記の2.、3.にあたる。筋力、骨強度、間接潤滑が高まり,運動支持系の機能が増進します。   
  身長約175cm→およそ4.4kmを40分で  
  身長約155cm→およそ3.7kmを40分で 

呼吸循環系歩行  やや速歩   上記の4.にあたる。呼吸循環器系の機能修復・増進。  
  身長約175cm→およそ3.6kmを40分で  
  身長約155cm→およそ2.9kmを40分で

泌尿器系歩行  平常歩行  上記の5.にあたる。泌尿器系の機能修復・増進。   
  身長約175cm→およそ3.2kmを40分で   
  身長約155cm→およそ2.7kmを40分で

地域の地図を見ておおよその距離を確認し歩くのも良いでしょう。 
      
*普段あまり歩いていない方は基礎的な第1生理歩行からをお勧めします。      
徐々に歩幅を広げ速度を上げるようにして下さい。              
歩行時だけでなく、平常時にもしっかりと水分補給をして体調に気を付けて下さい。

ウォーキングの効能

2010/05/05 | カテゴリー:世田谷本院, 弦巻本院, 太子堂本院, 経堂本院, 用賀本院, 渋谷本院, 六郷本院, 西小山本院

<ウォーキングのすすめ (1)>

今春は、なかなか暖かな日が続かず、不順な天候も多くありました。しかし、気がつけばもう五月となり、外に出やすい時期となってまいりました。

そこで、今回は健康増進の為のウォーキングのお話です。

ウォーキングの効能としては

  1. 血液循環の促進
  2. 骨密度を高め骨粗鬆症の改善
  3. お腹の調子を整える
  4. 腎臓の働きを良くし血液をきれいにする   
  5. 骨盤や脊椎のバランスをよくする   

などの大きな効果があります。

歩行時間は一日一回約45分程度。それ以上は疲労の蓄積となります。当院では手の振り方や体重の移動、姿勢など正しいウォーキング方法(J∞歩行:関節軌道歩行)を指導しています。間違った歩行を繰り返していると体の色々な所に障害や不調和が生じてきます。

長い時間歩けないという方は、当院への通院往復だけでも効果があります。院内の治療とあわせて一石二鳥です。是非1日1回もしくは2日に1回はウォーキング通院をしてください。

https://goken-g.co.jp/group/setagaya/

五健鍼灸整骨院世田谷本院へ!

お待ちしております。

トップページへ戻る

五健鍼灸整骨院グループのご案内

五健鍼灸整骨院 各グループ院のアクセスマップ
料金・アクセスはこちら

グループ院

整骨院の一覧を見る

おすすめメニュー

整骨メニュー一覧を見る

鍼灸メニュー一覧を見る

美容メニュー一覧を見る

整体メニュー一覧を見る

お悩み別に見る

お悩み別一覧を見る

訪問サービス

   

交通事故施術

   

交通事故施術関連

院別ブログ

新着ブログ

ブログ一覧を見る

Copyright © 五健鍼灸整骨院グループ All Rights Reserved.