六郷本院 | 世田谷区を中心に8院展開の整骨院

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!

開業40年の経験と実績!世田谷区を中心に8院展開

六郷本院

六郷土手駅から徒歩1分でパーソナルトレーニング!

2018/05/23 | カテゴリー:BLOG, 六郷本院, 事業部

五健鍼灸整骨院  六郷本院の毛利院長が行うパーソナルトレーニングを公開します。

親切、丁寧に身体のことを説明してくれる毛利院長。

自分でも分からない身体のゆがみからくる痛みや気になる部分を理解し、適切なトレーニングで動きやすい身体へと導いてくれます。

是非一度、体験してみてはいかがでしょうか!

 

YouTubeにて動画を公開中です!

 

寝違えの対処法。揉む?揉まない?

2018/05/23 | カテゴリー:BLOG, 六郷本院

みなさんこんにちは。
六郷本院の毛利です。

今日は「寝違え」についてです。

みなさん一度は経験したことがあるんじゃないでしょうか?

 

「朝起きたら痛くて首が動かせない…」

「腕が動かせない…」

 

そんな時みなさんどう対処してますか?

筋肉が硬くなってるからと、首をマッサージしたりしてませんか?

 

それ大きな間違いです!!!!
むしろ寝違えを悪化させてますよ!!

 

とういうことで、皆さんが出来る対処法を教えます!

 

①患部を冷やす
え?暖めるんじゃないの?と思われる方が多いと思います。痛みがあるという事は炎症しています。炎症を抑えるには冷やすのが有効です。

 

②患部を揉まない
これもしてしまう方が非常に多いです。患部を揉むとより筋肉を緊張させてしまいます。なので下手に揉んだり伸ばしたりせずに、安静にしましょう。

 

③整骨院に行く
これが治すには一番効果的です。
寝違えを治すには患部以外からのアプローチが大切になってきます。腕や胸・背中の筋肉を緩めたりするだけで、首は動く様になります。

 

寝違えと言ってもどの動きが動かしにくいかによって治療法は変わっていきます。

 

下手に我慢せずにまずはご相談下さい。

 

よく眠れる方法とは?(前編) 寝室の環境

2018/05/18 | カテゴリー:BLOG, 六郷本院

五健整骨院六郷本院の植本です。


いきなり暑く感じる季節の変わり目の今日この頃。

仕事や学校等社会的な環境が変わる方も多いと思います。


良く眠れていますか?


人生の1/3は眠っている。と言われています。

人は眠る事で休息し、回復し、成長する事も知られていますし、記憶の整理をするとも言われています。


それだけ大事な「睡眠」。可能な限り上質であるべきですし、それを得られる環境が重要です。


気持ちの良い眠りとは、退屈な会議や授業でのうたた寝ではありませんし、リビングの床やソファの上で得られるとも思えません。


では、どんな環境なら上質な睡眠が得られるのでしょうか。

いくつの資料から調べてみました。


1.建物の構造。

マンションなどで上の階から響いてくる「ドスン」音は、天井あるいは床が厚いほど響かないそうです。隣の部屋との間の壁や屋外に面した窓も同様に厚いと周囲の音が気にならなくなります。

また、物を落した時の「カシャン」音は床材に関係し、カーペットや畳、遮音フローリングなどで軽減されます。マンションの共用廊下に面した部屋も適切ではないと言えます。


2.寝室の広さは

狭い場所が好きな方もいらっしゃいますが、6畳では2人、8畳で3人が現実的です。

ベッドのサイズや布団の枚数、家具の数も関係しますがこのくらいが目安でしょう。


3.ベッドや布団の配置は?

ヒトが通れるスペースを足元に作ります。頭の上を通られるのは良くありません。

壁際も少しスペースがある方が圧迫感が気にならなくなります。

枕の位置はドアやエアコンから離しましょう。


4.インテリアは?

落ち着く「ブルー系」「グリーン系」「ブラウン系」が良いとされています。

間接照明を使うのであれば、直接眼に光が入らない場所に設置します。

テレビやパソコンなどの設置は望ましくありません。鏡や熱帯魚の水槽もオススメできません。「眠る場所」に特化させるべきです。


5.寝具は?


長くなりましたので、その話題は次回です。

自律神経症状に鍼は効果あるの?

2018/05/18 | カテゴリー:BLOG, 六郷本院

こんにちは五健整骨院六郷本院の吉田です。今回は自律神経症状に鍼灸をオススメします。


自律神経とは自分の意志とは無関係に内臓の働きや代謝、消化、体温調節などを調節し、生命を維持するのに重要な働きを24時間続けています。

 

自律神経は交感神経、副交感神経の2つに分かれます。

交感神経は活動する神経で、昼間活発になり興奮している時に優位になる神経です。

副交感神経は休む神経で、睡眠時や、リラックスしている時に優位になる神経です。


この2つの神経のバランスで身体は維持されています。


自律神経失調症の症状は頭痛吐き気、胃腸症状、精神症状など人や体質によって様々ですが、環境やストレス、年齢などで自律神経が乱れ現代人は交感神経が優位になっているようです。


このような症状には、鍼灸が効果的です。
鍼灸治療には、身体機能の異常を調節し本来の機能に回復させる作用があります。鍼とは?

 


鍼灸治療を継続的に行う事で、血液循環が改善され、乱れたホルモンの働きを調節します。また、免疫力が向上し、身体が丈夫になります。


鍼灸で身体の調節バランスを整え丈夫な身体つくりをお手伝いします。

 

自律神経症状でお悩みの方、五健整骨院六郷本院にご相談下さい。

熱中症にはご注意を!

2018/05/16 | カテゴリー:BLOG, 六郷本院

みなさんこんにちは!

六郷本院院長の毛利です。

 

本日はかなりいい天気ですね!

春というより初夏と感じる様な天気です。

 

さて天気が良いことはもちろん嬉しいことなのですが、

皆さん熱中症は夏にしかならないとおもってませんか?

だとしたら大きな勘違い!5月でも熱中症にはなります。

 

5月は朝と昼の寒暖差が大きくなりやすく、体力が奪われやすいです。

また近年5月でも30度近い気温になるのは珍しくありません。

 

実際に総務省の発表では、去年で5月熱中症患者が3,401人。

そのうち2名亡くなっています。

 

なので5月でも熱中症はバカにできません!

まずはこまめな水分補給!そして帽子などの熱さ対策から行いましょう。

まだエアコンが早いと言って部屋が蒸し風呂状態にならない様に窓をあけて空気の流れを作ってあげるのもいいですね。

 

是非今日から意識してみましょう。

鍼とは

2018/05/11 | カテゴリー:BLOG, 六郷本院

こんにちは五健整骨院の吉田です。今回は鍼について簡単にご説明します。

 


鍼は2000年以上の歴史がある治療法で、鍼灸の効果は世界保健機関(WHO)に認められており、世界的に証明された技術です。


鍼治療とは、非常に細い金属の鍼で患部やツボに刺激を与え身体のバランスを整え機能回復を行います。


鍼の直径は0.14~0.24㎜ほどです。髪の毛位の細さで先端は丸みを帯びてるので、注射針とは、異なり痛みはほとんどありません。
注射針とは、10倍以上も太さが違うのです。
鍼は滅菌された使い捨てを使用しております。

鍼を刺すと痛みを抑えるホルモンが分泌され、脳に痛みを伝える神経を止める働きがあります。ツボを刺激する事で、免疫力や自律神経に作用したり、血液やリンパの代謝が上がり筋肉の緊張がほぐれやすくなります。

また、人が本来持つ自然治癒力や免疫力を高める効果が期待されます。

現代の生活は肉体的、精神的ストレスのたまりやすい環境です。病気の前兆となる症状の予防や健康維持、疲労回復にも鍼はオススメです!!

出会いの季節

2018/05/07 | カテゴリー:BLOG, 六郷本院

皆さんこんにちは。

院長の毛利です。

 

今日は皆様にご紹介したい人がいます。

 

5月より六郷本院に配属された関先生です!!

 

今年の3月に柔道整復師の資格を取得した21歳と若さ溢れる先生です。

 

とても勉強熱心な先生なので、今後六郷で大いに活躍してくれると思います。

 

六郷本院はこれからどんどんパワーアップしていきます!

 

身体の悩みがある方、いつでもお待ちしてますよ!

雨の日に膝が痛い理由とは

2018/05/02 | カテゴリー:BLOG, 六郷本院

五健整骨院 六郷本院です。

雨の日って膝が痛くなることがありますよね。

これって気圧の変化が関係しているんです。

 

最初に気圧って何?というところから。

皆さん、空気の海の底で暮らしていて、空気の重さが「気圧」なんですね。

人の身体は空気の重さで潰されないように、内側から膨張して空気の重さに耐えています。

ですから急に気圧が低く(空気が軽く)なると、今まで頑張って重さに耐えていたので、身体は内側から膨張します。

 

次に身体の構造です。

膝を含めて関節は骨と骨を繋いでいる部分です。軟骨とか靭帯とかの名前は聞いた事があると思います。

意外と知られていないのが、関節全体を包む「関節包」という風船のような膜があることです。

この関節包に血管と神経がたくさんあるので、関節包が引っ張られると痛みを感じます。

 

このように 気圧が急に下がる → 関節包が内側から膨張する → 痛みを感じる

 

という現象が起こります。これが雨の日に膝が痛い理由です。

  

気圧の変化に慣れれば、徐々に痛みは薄れます。

ですが、もともと膝に炎症があって、膝が腫れているような方は痛みを強く感じるかもしれません。

普段から膝に違和感がある方は、キチンと良い状態にしておく方が大切です。

 

膝の痛みでお悩みの方は、ぜひご相談下さい。

4月定例研修会~柔整&鍼灸~

2018/04/30 | カテゴリー:世田谷本院, 弦巻本院, 太子堂本院, 西小山本院, 用賀本院, 渋谷本院, 経堂本院, 六郷本院, 事業部, 人事採用

4月26日(第4木曜日)定例研修会が本部2階研修室で行われました。今年度カリキュラム第1回目で、中堅、ベテランに混じって新人も受講可能です。冒頭に齋藤副社長と業務部から学術部長に転任した吉田取締役から一言が有り、熱い研修会のスタートです!

今回は鍼灸は「美容鍼」、柔整は「膝」をテーマで2部門に分かれて研修。

柔整は向井部長と吉田取締役が講師で1柔道整復術2圧痛点3インフォームドコンセント4固定法、運動療法を順を追ってパワーポイント資料で解説。特に診断については「膝」の前部、内側、外側、膝後部それぞれでテスト法の種類や痛みの出現部分の違いなど詳細に学びました。固定法では軽度から重症度に応じて、扱う固定材料の素材の把握、「どこ」を「どのように」制限するのか?を確認。運動療法では、患者様おひとりずつに合わせた目的を共有の上、ふさわしい療法が提案できるように。70分2コマの充実の研修で、次の日には「早速、昨日の研修が膝で悩む患者様に役立ちました!!」と嬉しい報告がありました。

鍼灸部門も濃密です!先ずは弦巻本院・高橋院長から鍼灸の効果とさらにはリスクについて、今までの院長の経験から事故防止についてもわかりやすくかつ、重要度を再確認。続いて副社長の資料をテキストに「美容鍼」について座学で科学的エビデンスなどを頭に入れ実践!西小山のエース鍼灸師・鈴木先生もフォローに回る中、新人はどきどきの中で先輩の顔を借りて、中堅、ベテランは“くせ”に気付いて直せたり、社内でここまでの充実の研修は「患者様のために」向かう今年の五健の意気込みの表れです!

次回は5月24日、筋膜アプローチ体幹、股関節の予定です。

1 2 3 4 5 6 14

トップページへ戻る

五健鍼灸整骨院グループのご案内

グループ院のアクセスマップ
料金・アクセスはこちら

グループ院

整骨院の一覧を見る

院別ブログ

五健からのお知らせ

お知らせ一覧を見る

おすすめメニュー

整骨メニュー一覧を見る

鍼灸メニュー一覧を見る

美容メニュー一覧を見る

整体メニュー一覧を見る

お悩み別に見る

お悩み別一覧を見る

交通事故治療

交通事故治療関連

Copyright © 五健鍼灸整骨院グループ All Rights Reserved.