世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

冬至のはなし

今年は12月22日が冬至です。一年中で昼が一番短く、夜が一番長い日です。この冬至に、「ゆず湯」に入り、「冬至かぼちゃ」を食べる風習が日本にはあります。

「ゆず湯」は、厳しい寒さの中でも健康に暮らせるようにと、浴槽に柚子を浮かべてはいるお風呂のことです。ゆず湯は、風邪を防ぎ、皮膚を強くするという効果があります。 冬至は湯につかって病を治す―湯治(とうじ)にかけています。柚子は融通が利くようにと願いが込められています。江戸庶民から生まれたとのことです。

「かぼちゃ」は、厄除けになる、病気にならないと言われています。 実際にかぼちゃには、カロチンやビタミンが多く含まれています。冬にビタミンなどの供給源が不足した時代はかぼちゃは貴重なものだったといえます。

五健整骨院では、用賀本院・下馬本院・弦巻本院・六郷本院・経堂本院で、冬至12月22日に来院の皆様に柚子をプレゼントしています。(数には限りがあります。先着順とさせて頂きます。)

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ