世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

西小山駅からすぐ!乳酸は疲労物質?vol.2

そもそも乳酸は体内でどうやって作られるのか。

 

ウォーキングなどの軽い運動をする場合は、主に脂肪と酸素を燃やしてエネルギーにしています。

 

短距離走など激しく運動する場合は、筋肉の中の炭水化物(グリコーゲン)を燃焼しエネルギーにしています。

このグリコーゲンを分解してできるのが乳酸です。

乳酸は運動中にエネルギー源として利用されることがわかってきています。

負荷の軽い運動では主に脂肪などをエネルギー源として、負荷の激しい運動では炭水化物などの糖をエネルギー源に変えるという、車でいうとハイブリットカーのような非常に効率の良い仕組みが体には備わっています。

 

スポーツの秋ということで体を動かす機会も増えると思いますが、運動の目的に合わせて体の負荷を変えてあげると、効率の良い運動ができると思います。

 

そして運動をしたら体のケアも非常に重要です。

五健整骨院では体の状態や運動の種類などに合わせてケアのお手伝いをすることができます。

是非一度お近くの五健整骨院でご相談ください。

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ