世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

腰痛シリーズ  腰椎について

こんにちは。六郷本院の山崎です。

私の方からは、腰痛シリーズとして、整形外科方面にふった話を少ししていきたいと思います。

 

腰痛を起こす疾患は、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など様々にありますが、基本的には

背骨(脊柱)の問題が殆どです。そして、当たり前のようですがいわゆる腰の骨:腰椎に原因があります。

 

では何故、腰の骨に原因が発生するのか?

それは、それぞれの部位によってふられた役割の違いのために生まれたものです。

脊柱には頚椎(首)・胸椎・腰椎と3箇所に分けられ、それぞれの部位によって運動の役割に特徴があります。

脊柱に共通する役割としては、体を支え動かす「支持運動機構」・神経を格納する「保護容器」の2つがあります。

脊柱全体のなかで腰椎に振られた役割は、

   ① 前後に動く機能が脊柱の中で2番目に高い

   ② 脊柱の中で最も大きな荷重を支える部位である

    の2つが大きな特徴になっています。

つまり、運動性が高いのに同時に重量物を支える負担も大きいという、非常にハードな役割を振られているわけです。

この過酷な負担を、スポーツや労働等で増大させたり、加齢により長年負担をかけ続ける事によって、腰椎に障害、変形やズレを生じ

腰痛の原因となってしまいます。

 

さて、上記2つの特徴を踏まえて、腰椎に障害が生じる次のステップは、「椎間板」の問題です。

背骨の場合、老化はまず椎間板の変性から始まります。

椎間板は腰椎と腰椎の間に挟まれた「クッション」の役割を果たす組織です。

しかし、長年の負担や運動・加齢によってクッション役の椎間板の弾力が低下し、組織に傷みが出てきます。

椎間板にはもともと血行が無いため傷みが修復されにくく、蓄積されていくので、椎間板の変性は比較的若い世代から見られます。

椎間板がつぶれて薄くなると、椎骨への刺激が増して変形を生じやすくなります。

椎間板や椎骨が変形すると、力のかかり方が変わって、更に負荷の増すところも出てきます。

代謝が衰え弱くなった椎骨などは徐々に潰れる事もあります。

こうして、様々な背骨の変性疾患が起きてくるのです。

 

どのような疾患が引き起こされるかは、詳しくは次回以降にお話させていただこうと思います。

今回は、「支えつつ動く」という腰の特徴により椎間板の変性が引き起こされ、クッション性が低下したために上下の椎体に加わる力が変化し、

椎体に変形などをきたし「腰痛」が発生するという仕組みまでご納得いただければ幸いです。

 

                                                       五健整骨院六郷本院

                                                          TEL  03-3734-2358

 

 

 

 

 

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ