世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

さんちゃカフェで交流

ホスピア4 ホスピア2 ホスピア1

11月26日(土)世田谷本院スタッフ全員と下馬本院有志スタッフが結集してホスピア三軒茶屋さん主催の「さんちゃカフェ」に参加しました。第1部は“成年後見制度”に関する勉強会。エンディングノートの活用法などに触れながらいわゆる“終活”について学ぶ時間でした。14:30から参加した五健スタッフの今回の使命は“この冬風邪を引かないぞ!”の普及。廣岡学術部長が最新のデータを踏まえて、いかにウィルスから身を守るかのポイントをお話させていただきました。続いて、粟竹先生が先の廣岡部長の話に添って肺機能を高める上半身のストレッチから、次のリズム体操に繋げる下半身もじっくりストレッチ指導。そして、安田先生、小豆島先生が『365歩のマーチ』に合わせた体操を基本の動き、その注意点やなぜこの動きなのか?目的も含め丁寧に説明してくれました。安田先生のMCは“天然ぼけ”?も入った愉快なもので終始笑顔で、楽しく皆さんと体操ができました。フロアの奥で今回は昭和女子大学の学生さんが“メイクセラピー”をボランティアで行い、受けた方がいきいきと「若返ったわ!」と輝いておられました。様々な趣向が凝らされている「さんちゃカフェ」は毎月第4土曜日に開催されていますが12月はお休みとのことです。また来年も地域の方々とお会いできるのを楽しみにしております。

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ