世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

三茶から寝違えとは。

imageimageimage

旧年中は大変お世話になりました。

接骨・整骨、鍼灸、マッサージの本道に立ち返り、温故知新、ふるきをたずねて、あたらしきをしる、と申しますように、本年もますます皆さまの健康のために精進して参ります。

 

さて今日は、『寝違え』について説明します。

寝違えは、なぜ起きるのでしょうか?

 

原因は、冷えと疲れです!

日中に長時間不自然な姿勢をとったり、寒冷にさらされたり、疲労したときに、思いがけず寝ているうちに、首を捻ることが原因です。

首、肩、背中の筋肉が固くなって、首を横に倒したり、回すことができなくなります。

治療としては、痛い場所をまず冷やして炎症をしずめます。

首そのものを治療するよりも肩まわりの筋肉を動かすと首の動きづらさも軽減します。僧帽筋、胸鎖乳突筋、肩甲挙筋、菱形筋などの筋肉です。

ただし、手や腕にシビレが出る場合は、神経の問題、頚椎椎間板ヘルニアやムチウチ、稀ですが後縦靭帯骨化症など、別の問題がありますので、必ずご来院下さい。

画像診断は病院に紹介致しますが、手術が必要なもの以外は私たちが責任を持って施術します。

まずは、ご相談下さい!

image 

image

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ