世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

三茶から膝の痛みに!

こんにちは。

今日は、膝の痛みについてお話しします。

膝はなぜ痛むのでしょうか?

 

原因は、体の使い方です。

例えば歩き方、立ち方、お仕事や炊事洗濯で動く時の姿勢が問題です。

歩き方の場合、内マタだったり、反対にがにマタで歩いている。立っている姿勢の場合、どちらかの足にだけ体重をかけている場合、体は歪みます。

歪むとは、どういうことかというと、膝から下が捻じれたまま歩いたり、立ったりしているために、膝の内側または外側を痛めるということです。その他、ジャンプして痛めるジャンパー膝、走って痛めるランナー膝が有名です。

 

治療としましては、患者さん自身に歪みを認識してもらうことが第一。どちらの足が体重がかかるか?歩き方はまっすぐか?

実際の治療です。膝の調整をして、包帯やテーピングをします。

歩き方の指導、体操の指導をします。

特に内側の半月板、前十字靭帯、内側側副靭帯を痛めると不幸の3徴と言って良くなるまで時間がかかります。

image

ぜひ当院にご相談ください。

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ