世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

10月世田谷下馬いきいきサロン

皆さんこんにちは!世田谷本院の石井です。爽やかな秋風が吹く中で、今月も“いきいきサロン”元気よくスタートです。前半は会長による【血液のはなし】が行われました。

☆会長論☆

『血液の行かない所から病気が始まり、血液の行く所から病気は治る』

(心臓が丈夫な事、血管が丈夫な事、血液が流れやすい事:医食同源が大切)

※血液の最重要機能は酸素と二酸化炭素を運ぶことです。細胞に酸素を届けるために隅々まで血管が張り巡らされています。血液が流れる血管の長さは約10万km(地球2周半の長さ)に相当しますが、血液が全身を1周するのにかかる時間は約1分程度です。握りこぶし大の大きさしかない「心臓」が全身に血液を送り、循環させています。1分間に60~80回の心拍数、1日で9~12万回、80年間として25~35億回の心拍数、1回の心拍で70~100mlの血液が送り出されるので、1日あたり6~10tにもなります。10万km(地球2周半)の長さの管に毎日6~10tという大量の血液を生まれてから死ぬまで休みなく循環させている心臓が如何に丈夫に出来ているかわかります。

※貧血対策

鉄分を多く含む食品を摂る

 動物性食品・・・・レバー、赤身肉、あさり、しじみ等

 植物性食品・・・・大豆、ほうれんそう、ひじき、のり等

良質のたんぱく質を摂る・・・・魚類、肉類、卵、牛乳等

その他・・・・緑黄色野菜、さつまいも、果物、柑橘類、梅干し、酢

貧血に良くない物・・・・コーヒー、紅茶、緑茶。これらは鉄分の吸収を妨げる

☆若い赤血球は細い血管の中をアメーバのように形を変えて通っていきますが、年をとると身体が硬くなるのと同様に赤血球も柔軟性が無くなり硬くなって、細い血管を通りにくくなり、充分に血液が行き渡らなくなります。適度な運動をしてスムーズに血液が流れる“血管”を目指しましょう!

CIMG1108

後半は手指を多く使った脳トレ、全身運動を行いました。手指をよく使うことは脳の活性化に繋がりますので皆さんもぜひお試しください。

CIMG1120

次回は11月26日(木)です。宜しくお願い致します。

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ