世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

更年期障害①~鍼灸の効果を代々木上原から

こんにちは!渋谷本院永江です。

本日は女性なら、誰もが経験するかもしれない?

「更年期障害」について、中医針灸学の見かたで何度かに分けて

お伝えしていきます。

まず「更年期」とは性成熟期から生殖不能期への移行期(45歳から55歳)に

あたり、平均51歳で閉経以降の30余年の生活をいかに健康に過ごすかを

考える人生の節目ともいえます。

東洋医学的には「天葵(てんき)女性の月経と妊娠を維持するために必要な

物質が枯渇し精血不足になるため陰陽が失調し、臓腑が栄養されなくなり

諸症状が起こってくる。」と言われています。

この「更年期」の時期に現れる自律神経失調症状と精神症状が相互に関係

しあって起こる原因の分からない諸症状総称(不定愁訴)

「更年期障害」と考えられています。

 

代表的な症状 

顔ののぼせやほてり(ホットフラッシュ)・発汗・肩こりや憂うつ等。

 

更年期障害の中医学的定義

…婦女子の閉経前後に出現する月経の乱れや、発汗。

潮熱(ちょうねつ)毎日特定の時間のみ発熱する症状。

頭暈(とううん)めまい・頭がふらつく・耳鳴り。

心悸(しんき)動悸や心臓部に不安を感じたりする症状。

不眠・口の乾燥・精神的疲労・怒りっぽい・精神の不安定。

…「図でわかる」中医針灸治療のプロセスより抜粋。

 

針灸師が患者様の来院時のご様子から、お話を伺い、顔色や

脈診(手首の脈の速さ等を確認)・舌診(舌の形や色・苔の量)

そして切診という体に実際触れながら、弁証といった

中医学的診断を行い、患者様一人一人に合わせた

針灸施術を行っていきます。

次回からは診断から導きだされた具体的な弁証に基づいた

治療法則と、どこのツボを使用し、そして、そのツボの効果について

お伝えしていきます。

 

五健整骨院 渋谷本院

小田急線・千代田線 代々木上原駅から徒歩7分

京王線(都営新宿線)幡ヶ谷駅から徒歩7分

美味しいパン屋さん・カタネベーカリーのななめ前になります♪♪♪

 

 

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ