世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

梅雨と腰痛の関係?!

こんにちは。渋谷本院の海津です。

 

渋谷本院では先週あたりから、”腰痛”の患者様が増えています。

今日は”腰痛”について鍼灸師の先生目線でお伝えします!

_MG_8005

 

腰痛の原因として

気候の変化の影響もひとつだと思われます。

 東洋医学ではからだに影響を与える気候の変化を

6つの邪ととらえ6淫と呼びます。

 
風邪 寒邪 湿邪 暑邪 乾邪 火邪

 この6つです!

 梅雨時は湿邪となりますが、

外からの影響(外因)

だけでは体は悪くならないのです!

 
ではなにかというと、

体の内からの作用(内因)

と合わさって初めて症状としてでてきます。

甘いもの、辛いもの、脂っこいものを食べすぎる(内因)と、

熱となって湿邪(外因)と結びつき湿熱という症状となり現れます。

 この梅雨時のどことなく重だるい症状がこれにあたります。

 それに加えてエアコンが普及した現在は

夏でも風邪、寒邪にさられ

より複雑な外因となっています。

 

自身でも外因に気をつけること

内因に気をつけて症状を軽くすることはできそうですね!

 
また梅雨のこの時期に腰痛でお悩みの方は

ぜひ渋谷本院のスタッフにご相談ください♪

五健からのお知らせ
五健整骨院ブログ
各院紹介
  • 患者様の声
  • あなたの症状は?痛みでお困りの皆さまへ
  • ニーズに合った治療計画
  • 採用情報 あなたの夢を実現させよう!
  • 人事採用ブログ 求人・採用情報をお届けするブログです。
  • 五健鍼灸整骨院グループ 公式Facebookページ
(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ