世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

下馬から「海のミルク」の魅力をお伝え!



image

 

こんにちは。

今日は、冬のスタミナ源、牡蠣(かき)の栄養価についてお話しします。

写真のホワイトボードは、笑顔が爽やか南国土佐出身の小豆島先生が2週に1回更新しているものです。イラストがとってもカワイイですね。

 牡蠣には冬が旬の真牡蠣と、夏が旬の岩牡蠣があります。

今がちょうど真牡蠣の季節です。

その牡蠣ですが、みなさんはなぜ牡蠣が「海のミルク」とよばれているか、ご存知ですか?

 

 

 

それは、まず乳白色だから。

もう1つの理由は栄養満点であること。「海の玄米」ともいわれ、滋養強壮に良いんです!

 良質のタンパク質がお酒の解毒に役立ちます。体内で生成されるアセトアルデヒドを解毒して、肝臓を守ります。

造血に欠かせない鉄、銅、コバルトなどのミネラルを含みます。銅は鉄がヘモグロビンを作るのを助けます。

さらに造血ビタミン、ビタミンB1、B2、B12、葉酸を含み、

「婦人の気血を増す」

といって、古くから貧血予防の効果が知られています。

メチオニン、シスチン、タウリンなど硫黄を含んだアミノ酸が、水分代謝を促し、水太りしたお肌を適度に引き締めてくれます。

牡蠣を食べて、冬の寒さに負けない美ボディを作りましょう!

筋骨の痛み、シビレ、その他健康相談は、東急東横線、学芸大学、祐天寺から徒歩15分、学芸大学附属高校そば五健整骨院下馬本院でお待ちしております。

三茶エリアブログ担当 伊東

 

 

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ