世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

五健整骨院下馬本院から「熱中症対策②」

こんにちは

五健整骨院下馬本院の小豆島です。

前回、熱中症にも種類がありますという話をしましたね。

熱中症には4種類あります

・熱失神

・熱疲労

・熱痙攣

・熱射病

があります。

どれも聞いたことがありそうな言葉ではありますが

いつもまとめて熱中症と呼ばれてしまう為に

それぞれの原因、対処がわからない方が多いと思います。

 

そこで今日は対処の仕方が同じなので

「熱失神」と「熱疲労」の話からしていこうと思います。

 

「熱疲労」

人の身体は熱を作り、またそれを外に出すことによって体温を36~37度に調節をしています。

しかし、運動をしたり、暑いところにいたり日差しや照り返しなどで体温があがると

身体の熱を外に逃がすための反射として、皮膚の血管が拡張します。

すると血液量は変わらないのに全身に広く送られるために、血圧の低下、脳へ送られる血液量が減少します。

その時に脳が酸欠状態となり、めまい、顔面蒼白、一時的な失神、他には呼吸が荒くなったり、唇のしびれたりといった症状がともなうこともあります。

怖いのが初期症状であるために熱失神の症状と気づくことは難しいようですね。

 

続いて

「熱疲労」

体温が上昇してるときは体は汗をかくことで熱を逃がそうとしますね。

それが過剰になると大量の水分や塩分が失われます。

これによって血液量が減少するため、全身倦怠感、悪心嘔吐、頭痛、集中力や判断力の低下、場合によっては失神や虚脱といった症状がみられるようになります。

これを熱疲労といいます。

 

それでは対処の方法ですが

まず、涼しい場所に運び、衣服を緩めて寝かせ体を冷やします。

そして水分を補給すれば通常は回復します。

プラスで足を高くして寝かせて、手足から身体の中心に
向かってマッサージするとより効果的です。

 

難くはないですよね?

もし周りの人でいたら自分で助けてあげられるようになってほしいです。

でわ、次回残りを説明していきたいと思います

五健からのお知らせ
五健整骨院ブログ
各院紹介
  • 患者様の声
  • あなたの症状は?痛みでお困りの皆さまへ
  • ニーズに合った治療計画
  • 採用情報 あなたの夢を実現させよう!
  • 人事採用ブログ 求人・採用情報をお届けするブログです。
  • 五健鍼灸整骨院グループ 公式Facebookページ
(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ