お待たせしました!

こんにちは!

患者様のみなさんお待たせしました!

月曜日から最新医療機器ローラーベッドが始動しますっ!!

新しい動きもあってスタッフ一同感動の安らぎです。

ぜひ体験しにいらっしゃってください♫

お誕生日会

おはようございます。

先月の話ですが、2月は太子堂本院の塚本副院長先生のお誕生日でした!!

ケーキを用意してみんなでお祝いしました♫

  • image

 

太子堂にはアーモンドという美味しいケーキ屋さんがあり、甘過ぎずあっという間になくなってしまいました笑

塚本副院長、おめでとうございます♫

花粉症にお困りの方

太子堂本院ではチタンの様なもので耳つぼを刺激していく方法と、鍼灸で身体のツボや井穴(せいけつ)を刺激していく方法で花粉症の対策をしています。

効果はそれぞれ個人差がありますが、

友達や周りの人に比べたら私は症状が落ち着いているような気がする。

定期的にやっているとやっぱり楽だわ。

など、変化を実感して頂いております。

花粉の量が増えて症状がひどくなる前に対策していくとより効果的です。

これからの時期、いち早く対策を!!

三茶〜尻もち警報!

こんにちは。

外出中、雪道ですべったり、転んだりしていませんか?

18日の東京は久しぶりの降雪で、電車を利用の方には大打撃だったことでしょう。

当院の最寄りの三軒茶屋駅でも入場規制がかかり、通常30分で通勤している先生が3時間以上かかって到着しました。

さて、みなさんもご存知の通り、積雪よりも注意が必要なのは、凍った路面です。

ブーツや長靴ではない靴で、濡れた路面、凍った路面を歩くときは特に注意してください。

1.転ぶときには、手をつきましょう。

お尻や頭に直接衝撃がいかないように、手をついて下さい。

2.つま先を上げて歩きましょう。

つまづくとは、つま先が物につかえて

進めないことをいいます。しっかりつま先を上げましょう。

3.悪い道を歩かないようにしましょう!

急いでいるからといって、わざわざ悪い道は歩かないようにしましょう。

尻もちをつくと、仙骨や尾骨、いわゆる尾てい骨を骨折しやすいです。他にも、大腿骨頚部骨折、股関節の特にももの骨を骨折しやすいです。

転倒した時には、肋骨骨折や肋間筋挫傷、わき腹の筋肉を傷めやすいです。

高齢者に多い骨折として、上腕骨外科頚骨折(腕の肩付近の骨折)、大腿骨頚部骨折(ももの股関節付近の骨折)、橈骨遠位端部骨折(腕の手首付近の骨折)、胸腰椎椎体圧迫骨折(背骨の骨折)が有名です。

特にご高齢の方の場合、体力的に病院の手術に耐えられないこともあるので、変形を残したまま治癒になる場合があります。

普段の体操や運動で強くしなやかな体を作り、転ばないことが大切です。

五健整骨院では、転倒予防の体操やオペ後のリハビリ、手術が必要ない場合の骨折の治療を行なっています。

 雪道に油断大敵。心の準備を万全にしておきましょう!

 

image

三茶〜体操教室。


 

image (さらに…)

太子堂〜整骨院とは。

image (さらに…)

三茶から膝の痛みに!

こんにちは。

今日は、膝の痛みについてお話しします。

膝はなぜ痛むのでしょうか?

 

原因は、体の使い方です。

例えば歩き方、立ち方、お仕事や炊事洗濯で動く時の姿勢が問題です。

歩き方の場合、内マタだったり、反対にがにマタで歩いている。立っている姿勢の場合、どちらかの足にだけ体重をかけている場合、体は歪みます。

歪むとは、どういうことかというと、膝から下が捻じれたまま歩いたり、立ったりしているために、膝の内側または外側を痛めるということです。その他、ジャンプして痛めるジャンパー膝、走って痛めるランナー膝が有名です。

 

治療としましては、患者さん自身に歪みを認識してもらうことが第一。どちらの足が体重がかかるか?歩き方はまっすぐか?

実際の治療です。膝の調整をして、包帯やテーピングをします。

歩き方の指導、体操の指導をします。

特に内側の半月板、前十字靭帯、内側側副靭帯を痛めると不幸の3徴と言って良くなるまで時間がかかります。

image

ぜひ当院にご相談ください。

三茶から寝違えとは。

imageimageimage (さらに…)

謹賀新年〜太子堂

  • imageimage

こんにちは。

旧年中は大変お世話になりました。

平成28年、2016年もよろしくお願いします。

今年の干支(えと)は、丙申(ひのえさる)です。

会長挨拶にある『五健整骨院グループは洋の東西を問わず「医療はすべて患者様のために有る」』を身を持って実現するように精進致します。

筋肉、関節、姿勢など接骨・整骨のこと、頭痛、めまい、かぜなど鍼灸のこと、歩行困難な患者さんへのリハビリや訪問マッサージなど当院にご相談ください。 

当院では、患者さんの症状に合わせた施術を行ない、必要に応じて提携病院と連携を図り、最も有効的な解決策をご提案します。

新年は1月4日より診療致します。

<太子堂本院>
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂2-30-13

TEL 03-3412-3550

三茶から!歩行困難でも、あきらめないで!

 こんにちは。

世田谷本院に通院されている患者さんをご紹介します。

 7月中旬、自宅にて転倒し、腰椎の圧迫骨折をしてしまった大科(おおしな)さん。
その後一か月の入院。
 退院後当院にて往診での治療及びリハビリがスタート。
 痛みも強くあり、歩行器を使ってトイレに行くのもやっとの思いでした。
  「お嫁さんに迷惑はかけられない」そんな思いで痛みと闘いながら、自宅での運動を約一か月、一生懸命行いました。
 その後お嫁さんの協力もあり、車いすで通院。

 そしてなんと12月中旬に押し車で歩いて通院!!

 私達スタッフにとってはなんとも言えぬ喜びの瞬間でした。

94歳という歳を感じさせない精神力の強さ。
これからも、もっともっと長生きでいきいきとした大科さんを期待しています。
RIMG0226

もし歩行困難でもあきらめず、痛みをやわらげる治療、リハビリなど、私達五健整骨院にぜひご相談ください。

 <世田谷本院>
〒152-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-17-3

TEL03-3421-9332

太子堂〜かゆみを解決!

image

 

こんにちは。

写真はトイレの飾りの造花のバラです。とてもキレイです。

今日は、冬の皮膚の痒み、皮膚掻痒(そうよう)症を説明します。

それは、湿疹などの肌に異常がないにも関わらず現れる痒みのことです。

高齢者の乾燥肌 が原因のもの、妊婦が女性ホルモンの増加で、分娩から24時間以内に感じる痒みなどがあります。

肌の乾燥により、通常は弱酸性に傾いている身体のpHがアルカリ性に傾き、体の皮脂が失われ、細菌が増殖しやすくなっていることが原因です。

 強く引っ掻くと、肌を傷つけてしまうので、保湿クリームを塗ったり、乾燥を防ぐために、手袋やマフラーを利用しましょう。

写真は当院でお勧めしている保湿クリーム『シャムジェンド』です。ヒアルロン酸を含み、ハリ、ツヤ、保水効果があり、乳液、美容液、化粧水の3つの役目があります。自然由来の成分でアトピーやアレルギーの方にも安心です。

どうしてもおさまらない痒みは皮膚科を受診してください。感染や内臓が原因のものの場合、専門医が解決してくれます。

image

 

<太子堂本院>

〒154-0004

東京都世田谷区太子堂2-30-13

TEL 03-3412-3550

三茶から整骨院って。

imageimageimage

 

こんにちは。世田谷本院では、クリスマスを前に、玄関まわりはあざやかな飾りでいっぱいです。

さて、今日は、そもそも接骨院・整骨院とはどういう所か、ご案内します。

整骨院とは、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷(肉離れ)を良くする所です。

注射や手術、レントゲン写真はありません。

そのため、骨折や脱臼の応急処置はしても、1度整形外科さんで画像診断を受けていただき、早急な手術の必要性がないと認められたものについては、当院で包帯やギプス固定の継続、リハビリを引継ぎます。骨折の場合であれば、骨が正しくついたかは、再び整形外科さんに行っていただく場合があります。

整骨院の先生が、捻挫や肉離れと判断したものは、超音波治療、テーピング、包帯固定をします。

注射や薬はありませんが、湿布などの膏薬や効果的なサプリメント、サポーターやコルセットを取り扱っています。

お医者さんの同意があれば、保険を使った鍼灸もできますし、自費になりますが体の歪みを根本から正す骨盤矯正、東洋医学に基づいた足裏リフレクソロジー、お顔のハリを取り戻す美容鍼、リラクゼーションを目的としたマッサージも多くの患者さんにご利用いただいております。

筋肉、関節、その他、体のことなら何でもご相談下さい。必要に応じて日常生活指導や、専門の病院をご紹介致します。

<世田谷本院>
〒152-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-17-3

TEL 03-3421-9332

三茶からゆずのススメ。

image

こんにちは。今日、世田谷本院では明日の冬至に合わせて、ご希望の方にゆずをお配りしました。受付主任の村上さんの家で採れたそうです。

さて、冬至とは、そもそも北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日が出ている時間が最も短くなる日です。

冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくると考えて、お祝いをする風習があります。

冬至といえば、かぼちゃと柚子(ゆず)湯ですね。なぜでしょうか?

かぼちゃの旬は夏ですが、保存がきいて、冬でも食べることができて、ビタミンAが豊富です。皮膚・粘膜の保護・強化、眼精疲労、肌・爪・髪の保護、呼吸器の強化が見込まれます。

ゆず湯の効果は、皮に多く含まれているクエン酸やビタミンCによる
美肌効果、体を温めて風邪を予防する働きがあります。

もし肌が弱い方は、ゆずをネットに入れたり、一度ゆずだけでお鍋で加熱してからお風呂に入れて頂くといいでしょう!

筋肉、関節の痛み、シビレ、動かしづらさなどの症状の方は、当院が責任をもって施術します。また、必要に応じて信頼のおける病院を紹介します。めまい、頭痛、かぜに効果的な鍼灸の施術もしています。

お気軽にご相談下さい。

<世田谷本院>
〒152-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-17-3

TEL03-3421-9332

年内最後「下馬いきいきサロン」お世話になりました!

imageimage

こんにちは。

昨日は、年内最後の「下馬いきいきサロン」を開催いたしました。

いつもとは趣向を変えて、前半に体操、後半は、先生ごとにテーブルに分かれて、健康相談の時間をもうけました。

上段写真左は、五健整骨院太子堂本院院長兼現場統括部長の齋藤先生。

中央は、五健整骨院世田谷本院の石井先生。

右は、五健整骨院会長の武田先生。

下段写真は五健整骨院世田谷本院の師橋(もろはし)先生です。

筋肉、関節、姿勢など接骨・整骨のこと、かぜ、頭痛、めまいなど鍼灸関連のことなど皆さんが日頃から疑問に思っている健康についての相談をお受けしました。

「下馬いきいきサロン」では、毎月第3木曜日に都営下馬アパート第一集会所にて2時から、五健整骨院会長による健康についてのお話、整骨院の先生による体操教室をさせて頂いております。

本年は、大変お世話になりました。来年も皆様のお役に立てますようお話や体操を計画しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 <世田谷本院>
〒152-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-17-3

TEL 03-3421-9332

三茶から長寿の秘訣をご紹介します!!

image

こんにちは。世田谷本院の猪飼(いかい)です。

12月13日に103歳のお誕生日を迎えた小杉とよさん。
五健整骨院世田谷本院で現在施術中の患者様で最高齢の方です!
元気の秘訣は「楽しく治療を受けること」とおしゃってくださっています。
小杉さんは五健整骨院開院当初よりいらっしゃって頂き、約40年のお付き合いになります。103歳になられた今でも身の回りの事は自分でなさり、歩行器を使いながらお散歩にも行かれます。沢山の素晴らしいお友達やご家族に囲まれ、元気いっぱいのパワフルおばあちゃんです。私達がかえって元気を貰うぐらいです(笑)
小杉さんにはこれからも元気で皆様に勇気を与え続けて頂きたいです。そして、私達も小杉さんに元気でいて貰えるようさらに精進して参ります。

皆様も小杉さんに負けずに元気に楽しく長生きできるよう、頑張っていきましょう‼︎

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-17-3
TEL:03-3421-9332

下馬〜足元ぽかぽか!

image

こんにちは。下馬本院の小豆島(しょうずしま)です。

写真は、当院でおすすめしている『足首ほっとサポーター』です。特に女性の冷え性、高齢者のこむら返り、膝痛、足首の痛み、シビレなど神経症状にも効果的です。素材にシルクを含み赤い側を足首または膝のどちらか辛い方に合わせて履いてください。保温効果抜群です。

 このサポーターに使用している素材の温度変化によって脚のポンプ運動を促します。また特殊な編み方で編んでいる為、抜群の伸縮性があり、締め付けすぎず、すっぽりと脚を包み込んでくれます。

image

 

プラスで改善策として

足の指のグーパーの運動で血行促進することで冷え対策にもなります。
また体を動かすことで体温を上げて、免疫力が下がらないようにして
冬を乗り切りましょう!

南国土佐育ちですが、東京の寒さには負けません!

〈五健整骨院下馬本院〉

〒154-0002世田谷区下馬5-8-8

03-3413-9332

 

上馬東町会体操教室を開催しました!

image       image

image

こんにちは。今日は東上馬町会体操教室を開催しました。

 

武田会長からは、音楽と健康についてのお話でした。歌を歌うとドーパミンという脳内物質が生成されて、ドーパミン不足によるパーキンソン病にかかりにくくなります。また、自然と腹式呼吸になって、体幹筋力を鍛えることができます。

 

写真上段は会長による体操指導で、両手の親指を重ねて頭の高さまで上に挙げ、腕が耳に付くまで挙げたら、さらにもう一息上に挙げます。これは、椎骨の間を広げて、猫背を防ぎ、椎間板の水分脱出防止、骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折の予防になります。

 

写真中段は、石井先生による脳トレです。 ももの上で片手がトントン、片手がスリスリを合図で入れ替えたり、片手がピースサインの2、片手が鉄砲の2を合図で入れ替えます。もちろん、慣れもあるのですが、できなくてもやろうとするだけで、脳が活性化します!

 

写真下段は、師橋(もろはし)先生の全身体操です。肩甲骨を開く体操、首やお腹を刺激する押し合いっこ体操、足を上げる体操、足踏みなど盛りだくさんでした。冬に適した体の温まる運動です。

 

毎月第二木曜は、13:30から東上馬町会中里会館で体操教室を開催しています。奮ってご参加ください!

太子堂の素敵なXmas飾り!

imageimage

こんにちは。写真は太子堂本院のXmasツリー&ジェルシールの飾りつけです。エレガントでかわいいです。

さて、今日は、胸、背中のケガについて、解説します。大きく3つのケガが考えられます。肋骨、筋肉、胸膜です。起こる理由としては、転倒による直接の打撲、ゴルフスイングでの引きつれ、転んで手を着いてなどが原因です。

まず、肋骨骨折の場合、咳、くしゃみ、深呼吸でも痛い、患部以外を圧迫しても響くという特徴があります。ゴルフのスイングで利き手と反対側の背中にある前鋸筋に引っぱられ、第4〜7肋骨を骨折することがあります。特に連続する3本以上の肋骨を二カ所以上骨折すると、フレイルチェスト(動揺胸郭)といって、呼吸器にも影響します。

次に筋肉の場合、肋骨の間にある肋間筋という呼吸を補助する筋肉を傷めて、深呼吸や寝返りのとき、脇や背中が痛いということがあります。

最後に胸膜ですが、これは、肋骨の内側の肺との間にある線維のことで、これが傷つくことがあります。これを傷めた場合も呼吸器官に負担がかかります。

 肺など呼吸器に直接悪い影響が出ている場合は、専門の病院をご紹介します。また、骨折の疑いが濃厚で接骨院で対応できる症状でも、状態の確認のために整形外科にレントゲンの依頼をします。

 当院での治療は、筋挫傷、軽微な骨折の場合、超音波治療、テーピング固定、バストバンド(胸部、背部のためのコルセット)での固定を1ヶ月間、体のバランスを整えて、年齢、体質に合わせてセラバンドを使った運動療法をしていくまでを含めて3ヶ月間がおおよその治療の流れです。

筋肉、関節、骨折などのケガ、その他健康について何でもご相談ください。

<五健整骨院太子堂本院>
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂2-30-13

TEL 03-3412-3550

三茶から、手のシビレ解決します!

image

こんにちは。

写真は世田谷本院の玄関に飾ってあるハローキティのぬいぐるみです。2階への階段の壁にはキティちゃんのハンドタオルが飾ってあります。ハローキティは、ヒルトン姉妹、レディガガもグッズを愛用していて、とってもかわいいです。

 

imageさて、今日は手のシビレのお話です。シビレには、脳や脊髄(大もとの神経)が原因のもの、手や足の末梢神経(先っぽの神経)が原因のものがあります。

今日は肩まわりの神経の障害、胸郭(きょうかく)出口症候群(Thoracic Outlet Syndrome = TOS)について解説します。

胸郭出口症候群とは、 鎖骨の周辺で腕神経叢(わんしんけいそう)という腕や手指にいく神経の束が鎖骨下動脈や鎖骨下静脈とともに圧迫または、けん引されて起こる手指のシビレや痛みのことです。

それには、①斜角筋症候群、②頚肋症候群、③肋鎖症候群、④過外転症候群の4つがあります。

①首の筋肉が原因のもの、

②うまれつき第一肋骨に異常があるもの、

③第一肋骨と鎖骨の間が原因のもの、

 ④胸の筋肉が原因のものがあります。

骨の変形が原因であるものを除いて、まず筋肉をゆるめます。次に関節を調整します。最後に、体操を覚えてもらったり、とるべき正しい姿勢を覚えていただき、治療完了です。おおよそ痛みをとるまで3ヶ月、予防の体操、正しい姿勢を完璧に覚えていただくまで6ヶ月が目安です。

お気軽にご相談下さい。

責任をもっておこたえします!

三茶から、ふくらはぎのチカラ!

image

 

こんにちは。世田谷本院の伊東です。

今日は、ふくらはぎの力について、お話します。

みなさん、第二の心臓はどこか?と聞かれて、すぐピンときますか?

 

そう!ふくらはぎです。

ふくらはぎの筋肉は下腿三頭筋といって、腓腹筋(内側・外側)・ヒラメ筋の3つが合わさって構成しています。この筋肉は、つま先を下ろし、蹴り出す役目があります(背伸びも)。

この筋肉が伸びたり縮んだりして、そのポンプ作用で全身の血行が良くなります!それが、第二の心臓といわれるゆえんです。

日頃、歩くことで筋肉が動き、血液循環が改善されまはす。

また、静脈瘤(じょうみゃくりゅう:血管が部分的に風船のように膨らむ病気)のある方は、その改善のためのソックスをご用意しております。それを履いて歩くと筋肉の伸び縮みを助けて、足が軽く感じられます。

ふくらはぎの血流を改善させる大切なことは2つあります!

1.毎日歩くこと、

2.イスに座ってで良いので、つま先を上げたり、もも上げをしましょう!

 

足がつると言う方は、まず、温めてください。冷えも血行不良の大敵です。

次に水分、ミネラルを摂るようにしましょう。 お茶、ミネラルウォーター、ひじき、小魚など、鉄分、カルシウムなどを摂って、体のイオンバランスを整えましょう!

お体の心配は、何でもご相談ください!

<世田谷本院>
〒152-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-17-3

03-3421-9332

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ