世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

ゴリラ参上!

imageこんにちは。太子堂本院の伊東です。

写真は、太子堂のシンボル、ゴリラビルです。

1Fは、コンビニですが、2Fは、Kー1の魔裟斗さんが主催するキックボクシング、スポーツジムがあります。今日もゴリラが街を見守っています!

さて、今日は、肘のお話です。

手や腕をよく使う仕事やスポーツでご来院される患者さんが多いです。

俗に、テニス肘、ゴルフ肘といって、手首を順手で曲げる場合は、肘の内側を傷めやすく、その場合「上腕骨内側上顆炎」といいます。

反対に手を返すような動き、バックハンドで肘を傷めた場合は、外側を傷めやすく、その場合、「上腕骨外側上顆炎」といいます。

どちらも、肘から下の筋肉の使い過ぎなので、まずその筋肉をストレッチやマッサージでゆるめます。次に、超音波や電気治療で回復を促進させます。最後にテーピングやサポーターで、関節や筋肉が安定した状態をつくります。

その方の固有の使い方に合わせて、治療計画を、立てて施術していきます。

肘の痛みでも、私たちにお任せ下さい!

 

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ