世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

太子堂 枕の高さに注目

みなさんこんにちは!

暑くて寝苦しい日々が続いており、患者さんの中では夜中に起きてしまう、朝起きて疲れが取れた気がしないという方が増えてきました。
暑くて寝づらいという方は、冷房を高めに設定しタイマーにするとか窓を開けて扇風機をつけるなど、寝やすい環境を作ることも大切ですが、
寝る時の枕の高さも非常に重要になってきます。
枕の高さにはかなり気を使われている方もいるぐらい注目され、中にはオーダーメイドをする方も!
枕が高過ぎたり低過ぎたりはしていませんか?自分にとってどの高さが1番良いのかがわからないですよね。
枕の高さは胸鎖乳突筋が1番緩む高さが1番ベストだと言われています。
!cid_4CE3CA01-092F-40DF-8526-3482467A79DA
耳の後ろから鎖骨と鎖骨の間(胸骨)に位置している筋肉です。
この筋肉か緊張してしまったら、呼吸を妨げ代謝を低下させ、寝ている間に疲労を回復することが困難になってしまうのです。
呼吸を妨害してしまっているため、深い眠りにつくことができず夜中に何度も起きたり朝起きて疲れが取りきれないということが起きるのです。
ご家庭にあるタオルなどで1枚1枚重ねていき、ご自身の胸鎖乳突筋が1番緩む位置を探してみて下さい。必ず良いポジションで寝れば良質な睡眠に変わり熟睡できますよ♫
(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ