世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

梅雨時期の痛みの原因

こんにちは!!

先週に引き続き今週もまぁーよく雨が降ること降ること、、笑
太子堂本院では梅雨の影響で痛みを訴える患者さんが増えています。
特に最近は頭痛が多いですね。
なぜ天気が悪いと痛みが出てくるのか、、
気圧が低下して天気が悪くなると交感神経の活動が活発になり、ノルアドレナリンという物質が分泌され、血管の収縮が起こり血液の流れが滞りはじめます。そうすることで筋肉の緊張を引き起こし頭痛が起きてしまうのです。
古傷が痛むと言う方もいらっしゃいますね。
血液が滞り筋肉が緊張すると身体の中の酸素量が減り、酸素が不足していると細胞が破壊されてブラジキニンと言う発痛物質が大量に生産されます。
なので、発痛物質が大量に一ヶ所のところに集まると痛みを誘発させてしまうのです。
予防としては身体を温めて血行を良くすることです!!
当院ではお家でも出来るストレッチや軽い運動トレーニングなどもアドバイスしておりますのでぜひご相談下さい♫
(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ