世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

秋バテ

秋に体調を崩す原因の一つに、1日の寒暖差があります。日中は20℃以上・朝夕は10℃以下と1日で10℃以上の差がある日があります。

人間の体の体温調節機能は自律神経が司っています。実は自律神経は5℃以上の急激な温度変化に対応することが苦手です。そのため、寒暖差の激しい秋は自律神経のバランスが崩れやすく、風邪や胃腸の不調などの「秋バテ」になりやすいのです。

予防改善としてはまず自律神経を整えることです。ウォーキング・水泳や腹式呼吸など、一定のリズムを繰り返す運動をすると自律神経のバランスを整えてくれますよ。
(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ