世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

足のむくみ対策

足のむくみは水分代謝異常によって起こります。

 

実はむくみも脱水症状のうちのひとつなんです。

 

よく、むくんでいるのは水分の摂り過ぎだから?と思われる方がいらっしゃいますが、実際は水分としてではなく老廃物がそこに滞っているだけです。

 

当然、身体のエネルギー源として働いてはくれません。

 

足がむくんでるな~と思ったその夜、ツッタ!なんてことありませんか?

 

筋肉が攣るということはまさに水分が足りていないことを示します。

 

なので、むくんでいるからと言って水分を控えめにすることは間違いです。

 

脱水症状は水分吸収能力・体内循環能力が低下しているため、どうしても老廃物となった水分が末端に滞ってしまうのです。

 

さらに梅雨の時期は湿気の影響で循環の流れが滞りがちです。

 

なぜかというと、

 

人体は60~70%が水分からできています。

なので雨の日、梅雨など湿気が多い日、天気が悪い日などは身体に大きく影響を与えます。

 

予防改善としては、水分をこまめに摂る・お風呂に浸る・マッサージ・ストレッチ・程よい運動などです。

 

当院ではオプションコースとして、マッサージクリームを使用したふくらはぎ、足裏マッサージのコースをご用意しています。

 

これから梅雨の時期に向けてぜひ体験してみてください。

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ