世田谷区・目黒区・渋谷区・大田区 | 五健鍼灸整骨院グループ

世田谷区 医療救護所災害時訓練

 

  10月8日(土) 世田谷区立桜小学校にて行われた公益社団法人柔道整復師会世田谷支部による医療救護所災害時訓練に参加してきました!

世田谷医師会の災害担当理事橋元先生と東京医大兼任教授の太田先生の指導のもと、災害時におけるテントの設営、担架での患者搬送の練習や医療スタッフと柔道整復師の連携に関するディスカッションなどとても内容の濃い2時間でした。

世田谷区内の34の公立学校には災害時に備え17万人が3食たべられる備蓄があるそうです。普段は入ることのできない備蓄物品倉庫では発電機、テント、トイレ、医療品などの備蓄も見せていただきました。

 普段からのこのような訓練が、かならずやってくると言われている大地震被害の軽減に必ず役立つことを信じ、継続していきたいと思います!       

                             用賀本院 吉田

 

担架搬送

担架搬送・・・意外と大変でした!

熱いディスカッション

橋元医師(左)と司会の塩部先生(右)

  備蓄物品倉庫内

備蓄物品倉庫内・・・災害時にしか入れません

 

(c)2014 五健鍼灸整骨院グループ