太子堂本院 | 世田谷区を中心に8院展開の整骨院

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!

開業40年の経験と実績!世田谷区を中心に8院展開

太子堂本院

子供のケガ「肘内障」

2018/05/21 | カテゴリー:BLOG, 太子堂本院

こんにちわ

随分と暑くなりましたね。

院内もエアコンをつけることが多くなりました。

さて、今回は子供のケガについて書こうと思います。

そのケガは肘内障です。

 

このケガは2~4歳くらいの子供に見られるケガです。

逆に学童期以降はあまり見られません。

小児の肘のケガでも最も頻度が高いものの一つです。

pulled elbow syndrome(肘引っ張り症候群)とも呼ばれることもあります。

手をつないだ子供が急に走り出して思わず手を引っ張ったり、転ばないように手を引っ張ったりしたら

急に子供が泣き出して腕を動かさなくなったというのがよく見られるパターンです。

子供の肘は抜けやすいと言われることもありますが、この肘内障は少し違います。

上の図にある黒色で示された靭帯が抜けかかった状態です。

完全に抜けてないところがポイントです。

では、この肘内障になるとどうなるかですが、

・ 腕をだらんと下げて動かさなくなる

・ 肘が腫れることはない(もし骨が折れていたら激しく痛み、腫れる)

が特徴です。

 

治療はまず骨折でないかどうか、他のところにもケガがないかどうかを見極めます。

それから抜け掛かった肘を元の状態に「入れる」だけです。

簡単な動作で入り、すぐに終わります。

入れたあとはきちんと元の状態に入ったかどうかを確認して終わりです。

治療も一回で終わります。

 

一度肘内障を起こしている子供はその後もまた繰り返してしまうことがあります。

予防のためには肘を強く引っ張らないなど、肘内障を起こす原因となることを避けるようにします。

子供の成長とともに靭帯や骨が発達していくので小学校に上がる年齢になるころには起こらなくなります。

 

 

 

 

夜になると関節が痛むのはなぜ?

2018/05/13 | カテゴリー:BLOG, 太子堂本院

先日 院内のトイレに設置してあるオイルヒーターをしまったとたん寒い日が続き

しかも雨が続く日々。。。 皆様急な気温の上り下がりで体調は大丈夫ですか?

 

さて本日は患者さんからよくうける質問

「夜になると関節が痛むのはなぜ?」

について、そのメカニズムについてご説明していこうと思います。

関節痛は、患部の炎症によって起こります。
その原因によって治療法は様々ですが、炎症を起こしている場合は、まず患部を安静に保つ事が基本です。
ところが、その痛みが忙しく活動している日中ではなく、静かに横になっている夜に悪化するのは何故なのでしょうか?

第一に挙げられるのが、血行不良です。

就寝中は身体を動かすことが少ないため、血流が滞りがちになります。

すると、炎症を起こしている関節部分に、発痛物質(ブラジキニン)が溜まった状態が続き、痛みを強く感じやすくなるのです。
起床後に痛みが和らぐのは、身体を動かす事で血流が改善し、発痛物質が流されていくためです。

このに考えられる原因として副腎皮質で分泌される、強力な抗炎症作用を持つホルモン

コルチゾールの影響が考えられます。

コルチゾールは一日のうち、朝方に最も血中濃度が高くなった後、徐々に減少、夜に最少となる性質があります。
よって、夜間は炎症を抑える働きが低下、関節の炎症が悪化しやすくなるため、強い痛みを生じることが多くなるのです。

 

ちなみに。。

「風邪をひいたときにも関節が痛むことってありますよね」

この痛みは、ウイルスから身体を守ろうとする、免疫の防御反応によって起きています。
その過程で分泌されるPGE2という成分が、関節痛や、熱を発生させる作用を持つために、痛みを生じるのです。
よって、風邪の症状が落ちつくに従い、関節痛も改善していきます。

 

 

そのほかにも夜間に関節が痛くなる原因として…

<成長痛>

幼児から12歳くらいまでの子供さんに見られる関節痛で主な症状は、夕方から夜中にかけて現れる、足首などの痛み。

<痛風>

中高年の男性が発症しやすく、足の親指などの関節に激しい痛みや腫れ・熱感を生じる病気

<繊維筋痛症>

眠れないほどの強い関節痛や、こわばり、倦怠感、夜も眠れないほどの激しい関節の痛み、原因不明の全身の強い痛み。

 

 

<夜間痛の対処法>

・安静にする

・冷やす 又は 温める

・ストレッチで血行を促進する

などがありますが改善しない場合は一度ご相談ください

首の痛み「寝違え」

2018/05/07 | カテゴリー:BLOG, 太子堂本院

こんにちわ。

ゴールデンウィークも終わり随分と暑くなりました。

院内もエアコンなしだと汗をかく日も多くなってきましたね。

今回のテーマは寝違えです。

 

寝違え、この言葉は聞いたことが無いということはないでしょうし、経験した方は少なからずいらっしゃると思います。

痛くて首が回せない、痛くて夜も眠れないといった経験はあるんじゃないでしょうか。

 

<原因は?>

寝ているときに無理な姿勢になることで首の筋肉や関節に負担が掛かったとき

枕の高さが身体に合ってないことが原因になることもあります。

 

<対策は?>

急性に痛くなって炎症が起きているので冷やして下さい。

暖めるのはダメです。

暖めると逆に炎症が亢進して痛みが悪化します。

湿布も温湿布ではなく冷湿布を貼って下さい。

風呂は長時間の入浴は避けてシャワー程度にして下さい。

痛みがある程度収まるまではストレッチやマッサージも避けましょう。

寝違いの痛みは長いと1週間くらい続くこともあるので痛めてしまったら早く治療を受けるのが最善です

頻繁に寝違えるときは病院を受診することも考えましょう。

 

<予防法は?>

1 うつぶせで寝ない

  うつぶせは首に不自然な姿勢を強いるので負担が大きくなります。

 

2 高い枕は避ける

  これも首に無理を強いることになります。

  睡眠の質も下がるので止めましょう。

 

3 適度な運動をする

  デスクワークなどが多い人は首肩をあまり動かさないので筋肉が凝り固まってることが多いです。

  首肩周りを動かしましょう。

 

以上が寝違えの原因と対策です。

上記の通り、一番いいのは早く治療を受けて頂くことです。

五健整骨院ではテーピングで首を保護したら超音波で筋肉の回復を早めたりと患者さんの回復

を第一に考えて治療します。

ぜひご相談下さい。

  

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸治療って? 仕組みは? なぜ効果がある?

2018/04/30 | カテゴリー:BLOG, 太子堂本院

我が輩はウーパールーパーである。

名前はまだ無い。どこで生まれたかとんと見当がつかぬ。

今日もこうして水槽越しに太子堂本院に来る患者さんを眺め日々を過ごしているのである。

 

というわけで、太子堂本院の玄関にいるウーパー(名前はまだない。)を「我が輩は猫である」風に紹介させていただきましたところで、本日のテーマは。。。

 

 鍼灸治療って? 仕組みは? なぜ効果がある?」

 

長い歴史のある鍼灸治療を細かく書いていくと書ききれないほど奥深いものですが、今回は分かりやすくその概要を説明していきたいと思います。

 

<鍼治療とは>

鍼をツボや患部に刺すことで治療する方法です。0.12ミリから0.44ミリまである太さの針を、専用の筒を使って肌へ直接刺入します。どれくらいの太さの針を使うのかは症状や鍼灸師の判断にもよりけりですが、細ければ細いほど痛みも感じにくいのが特徴です。

 

<写真>鍼と専用の筒(鍼管/しんかん)

 

鍼の刺し方ですが、ただ刺すだけではなく、大きく分けて3通りあり

<単刺>

鍼を刺してから上下や左右に動かす、指で弾いて振動させるなどをした後にすぐ抜く方法です。

 

<置鍼>

鍼を刺したまま10分程度そのまま放置しておく方法が置鍼になります。

 

<パルス鍼>

パルス鍼は鍼を刺した後、そこから低周波の電流を流す手法です。このような方法で刺激を与え、免疫系や自立神経系に作用させることで、痛みを鎮静させたり、自己免疫力を高めたりできるとされています。 

 
 

<写真>パルス鍼
 

<鍼治療の仕組みと効果>

鍼治療の仕組みと効果についていは諸説ありますが、一般的に知られているのは。

☆刺した鍼の刺激による免疫系や自立神経系への働きかけによって、鎮静効果や自己免疫力の向上

☆筋肉の緊張が緩んで血液の巡りが良くなることで症状が改善することを始め、末梢神経による痛みの信号を遮断する、痛みを抑えるためのエンドルフィンが脳内に分泌されるなど

 

 

 

 

<灸治療とは>

灸治療はもぐさを使用し、熱による刺激を患部やツボへ与える治療方法です。

「お灸」の画像検索結果

 

 

直接灸 と 間接灸という、大きく分けて2つの治療方法があります。


直接灸>

もぐさを皮膚に直接乗せて着火させる方法です。もぐさの大きさは、米粒程度のものもあれば、小指程度のものまであります。着火したものを直接皮 膚の上に乗せておくため、熱による刺激はとても強く、治療後は皮膚に水泡ができることも珍しくはありません。治療の跡として残った部分のことを灸痕と呼び ます

<写真>直接灸をお線香で着火
 

 

<間接灸>

灸点紙と呼ばれる専用の用紙を、もぐさと皮膚の間に入れてから着火する治療方法です。あいだに挟むことによって、もぐさによる熱を和らげてくれ るため刺激はあまり強くありません。灸痕も残りづらいため、安全性にも長けています。 

<写真>灸点紙をいれてお灸を着火

 

その他に、薄くスライスした生姜やニンニクなどを挟む手法や味噌を塗 る隔物灸と呼ばれる手法もありますが現代的な灸治療の視点ではあまりメジャーとは言い難いです。

「かくぶつ灸」の画像検索結果

<写真>隔物灸、お灸の下にスライスした生姜を挟む
 
<灸治療の仕組みと効果>
 
☆体に温熱刺激を与えることで、皮膚の下にある筋肉や血管、リンパ節が刺激して細胞が活性化し免疫作用がアップ。 リ ンパの流れが改善されるので、むくみの解消にもつながりす。 さらに温熱効果によって血管が収縮・拡張し、局所の充血 や貧血を調整し、炎症をやわらげる 効果もあります。
 
 
☆体には多くのツボがありツボにはそれぞれに作用がああるので、それを刺激する ことによって、冷え症肩こり腰痛目の疲れむくみストレス不眠などといった体のさま ざまな症状の改善が期待できます。

 

☆もぐさの有効成分として注目したいのがシネオールという精油成分。ヨモギのほかユーカリにも含まれるもので、強力な消毒殺菌鎮静鎮痛作 用などがあります。お灸をすることによって、この成分が皮膚の表面から内部に浸透し、痛みを和らげるなどの効果が期待できます。

 

まとめ>

今回ご紹介させたいただいたのはあくまで鍼灸治療の仕組みの大まかな概要です、他にも東洋医学的なアプローチや中医学的なアプローチがあったりと奥深い鍼灸の世界。

「鍼治療」がいいのか?! 「灸治療」がいいのか?! はたまた両方か!?

その時の症状で担当の先生が最適な治療法をご提案していきますので、お気軽に

ご相談くださいね☆

4月定例研修会~柔整&鍼灸~

2018/04/30 | カテゴリー:世田谷本院, 弦巻本院, 太子堂本院, 西小山本院, 用賀本院, 渋谷本院, 経堂本院, 六郷本院, 事業部, 人事採用

4月26日(第4木曜日)定例研修会が本部2階研修室で行われました。今年度カリキュラム第1回目で、中堅、ベテランに混じって新人も受講可能です。冒頭に齋藤副社長と業務部から学術部長に転任した吉田取締役から一言が有り、熱い研修会のスタートです!

今回は鍼灸は「美容鍼」、柔整は「膝」をテーマで2部門に分かれて研修。

柔整は向井部長と吉田取締役が講師で1柔道整復術2圧痛点3インフォームドコンセント4固定法、運動療法を順を追ってパワーポイント資料で解説。特に診断については「膝」の前部、内側、外側、膝後部それぞれでテスト法の種類や痛みの出現部分の違いなど詳細に学びました。固定法では軽度から重症度に応じて、扱う固定材料の素材の把握、「どこ」を「どのように」制限するのか?を確認。運動療法では、患者様おひとりずつに合わせた目的を共有の上、ふさわしい療法が提案できるように。70分2コマの充実の研修で、次の日には「早速、昨日の研修が膝で悩む患者様に役立ちました!!」と嬉しい報告がありました。

鍼灸部門も濃密です!先ずは弦巻本院・高橋院長から鍼灸の効果とさらにはリスクについて、今までの院長の経験から事故防止についてもわかりやすくかつ、重要度を再確認。続いて副社長の資料をテキストに「美容鍼」について座学で科学的エビデンスなどを頭に入れ実践!西小山のエース鍼灸師・鈴木先生もフォローに回る中、新人はどきどきの中で先輩の顔を借りて、中堅、ベテランは“くせ”に気付いて直せたり、社内でここまでの充実の研修は「患者様のために」向かう今年の五健の意気込みの表れです!

次回は5月24日、筋膜アプローチ体幹、股関節の予定です。

春は自律神経のバランスに気をつけましょう!

2018/04/23 | カテゴリー:太子堂本院

こんにちわ。

寒さが去り本格的に暖かくなって春本番です。

院内でも暖房が無くても十分快適に過ごせるようになってきました。

 

今回のテーマは春の自律神経のバランスについてです。

この季節になると「体がなんとなくだるい」「朝目覚めが悪い」「疲れがなかなか抜けない」などの症状を訴える方が多くなるようです。

これらの症状は環境が変化することによるストレスや朝昼の寒暖差が原因となって自律神経のバランスが崩れから来ているかもしれません。

 

春は就職、転職、異動などで生活が大きく変わる季節です。

普段より緊張を強いられることやストレスが多く、交感神経が優位な状態が続くことが多いです。

またこの時期は1年を通じて寒暖差が最も大きく、身体がそれに対応するために交感神経を優位にします。

交感神経>副交感神経となりやすいのです。


 気分の落ち込み
 体がだるい・倦怠感
 日中の眠気
 目覚めが悪い
 夜眠れない
 憂鬱感    など・・

 

これらを感じることが多いようでしたら自律神経の乱れから来ているかもしれません。

早めに対策をしましょう!

 

具体的には

 ●生活のリズムを一定にする・・・・決まった時間に起きて寝るようにする

 

 ●自律神経に良い食事・・・・ミネラル・ビタミンを積極的にとる

 

   ビタミンC・・・みかんやキウイフルーツなどの果物

   ビタミンE・・・アーモンドや落花生などのナッツ類、ほうれん草やかぼちゃ

   カルシウム・・・小魚、豆腐、乳製品

 

 ●夜はぬるめの温度で入浴する

   だいたい40℃未満のお湯に10~15分程度入る

 

などです。

また鍼とお灸も自律神経を整える効果があります。

ぜひ五健整骨院にご相談下さい。

 

 

 

まだまだ辛ーい花粉症

2018/04/20 | カテゴリー:世田谷本院, 弦巻本院, 太子堂本院, 西小山本院, 用賀本院, 渋谷本院, 経堂本院, 六郷本院, 事業部

首都圏ではスギ花粉のピークは過ぎましたが、今はまだヒノキの花粉が飛散しています。この数年、初めて花粉症の症状を訴える方は年代を問わずこのヒノキの時期が多いでようです。

五健はりきゅう整骨院グループ全院では動画のような花粉症の治療をしています。ぜひ副作用の無いやさしい施術を体験下さい!

「骨ホルモン」で若返り!

2018/04/15 | カテゴリー:太子堂本院

太子堂での新人研修も水曜日で一段落。

来院される患者様の中には研修中の先生がたの年齢を聞いて「あら〜若くていいわね〜」という言葉が多くきこえてきました。

なのでそう今回のブログのテーマは、多くの人が望んで止まない

「若返り」

最新研究によると、骨から分泌されているホルモンに若返り作用があるという事が分かりました!

 

 
 

 

その骨ホルモンの名は…     『オステカルシン』

 

「骨」の画像検索結果

この「オステカルシン」どんな働きをするかというと…

血糖値を下げる(糖尿病、メタボ予防)

脳に働きかける(神経細胞に働きかける→認知症予防)

コラーゲン生成サポート(美肌作り)

 認知症予防、若返り効果美肌づくりなど、多くのパワーを秘めるオステオカルシン

 

逆に骨ホルモンが減ってしまうと。。。

「骨 弱る」の画像検索結果

 

免疫力の低下(ガン細胞が増殖したり…)

筋力の低下(運動機能が衰え寝たきりなんて事も…)

血糖値の上昇(太りやすい体質に…)

コラーゲン生成が低下(しわ、たるみ が増える…)

なんて事も。。。

 

なので日頃から骨の状態を維持する活動『骨活』

が大事になってきます!

 

骨活とは体操したりして骨に刺激を入れる事で骨を強くします

「かかと とんとん イラスト」の画像検索結果

※痛みが出る時は無理をしないでください。

骨がもろいとオステオカルシンは増やせないので、普段から大股で歩いて骨に刺激を。

 

さらに、「骨活」には食事も大事!

骨ごと食べられて「カルシウム」豊富な「さば缶」

骨の生成に役立つ「ビタミンD、ビタミンK」を豊富に含む「納豆」「やきのこ」「豆苗」

などの食材をとるといいでしょう!

 

今回は「骨を鍛えて若返り!!」をお送りしました☆

 

スーパーライザー

2018/04/09 | カテゴリー:太子堂本院

こんにちわ。

4月が始まってはや10日が経ちました。

各院に配属された新入社員も研修に日々頑張っています。

まだわからないこともあると思いますが、一日でも早く院での仕事に慣れて欲しいです。

 

今回は院内の治療機器であるスーパーライザーを紹介したいと思います。

↓の機器です。

この機器、赤外線の中でも体内の奥深くまで届く近赤外線を照射することで血行を改善して症状を緩和します。

また、神経にも作用するので神経の興奮を抑える働きがあります。

具体的には

 

星状神経節への照射

 首の前にある星状神経節という神経に照射することで交感神経の興奮を抑えます。

 自律神経のバランスを整える効果があります。

 自律神経のバランスの乱れから来る症状に効きます。

 頭痛、めまいなどです。

 

●関節と筋肉への照射

 肩、肘、腰、膝の関節や筋肉の痛みに効果があります。

 五十肩や肩こり、腰痛などです。

 

このスーパーライザー、色々な症状を緩和することができる優れものの機器なのです。

ぜひお試し下さい。

 

 

 

 
1 2 3 4 5 6 20

トップページへ戻る

五健鍼灸整骨院グループのご案内

グループ院のアクセスマップ
料金・アクセスはこちら

グループ院

整骨院の一覧を見る

院別ブログ

五健からのお知らせ

お知らせ一覧を見る

おすすめメニュー

整骨メニュー一覧を見る

鍼灸メニュー一覧を見る

美容メニュー一覧を見る

整体メニュー一覧を見る

お悩み別に見る

お悩み別一覧を見る

交通事故治療

交通事故治療関連

Copyright © 五健鍼灸整骨院グループ All Rights Reserved.