用賀本院 | 世田谷区を中心に8院展開の整骨院

代表施術者:厚生労働省認定 柔道整復師/鍼灸師 武田清七

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!

開業40年以上の経験と実績!世田谷区を中心に8院展開

用賀本院

体の痛みと帯状疱疹

2018/10/31 | カテゴリー:BLOG, 用賀本院

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

五健鍼灸整骨院用賀本院の吉田です。

 

「首や肩が痛い」「腰が朝からぴりぴり痛むな~」

 

そんな痛み、よくありますよね。

 

「首をねちがえた」あるいは「五十肩かな?」「重いものを持ったからギックリ腰かな」と思いこんだりしていませんか?

 

ちょっと待って下さい。

その痛み実は、帯状疱疹かもしれません。

 

まず痛みがでているところを直接見てみて下さい。

皮膚が赤くなっていたり、ぶつぶつができている場合があります。

そのような場合は帯状疱疹の可能性があります!

多くの場合はその部分に痛みがありますが、まれに神経をたどって別のところが痛くなったりすることもあります。

また、ぴりぴりと弱い電気がながれているように感じ始め、徐々に痛みが強くなっていくこともあります。

その後、小さな水ぶくれができ痛みが強くなります。眠れないほどの痛くなることもあります。

帯状疱疹は水疱瘡(みずぼうそう)の既往歴がある方がなります。神経(後根神経節)の内に隠れて(潜伏感染)いたウィルスが、免疫力の低下やストレスにより発症します。

 

感染症なので、お子様や体の弱い方がいる場合は気をつけて下さい。

季節の変わり目のせいか、通院中の患者さんで帯状疱疹にかかっている方が増えています。

 

体の痛みがあったら整骨院!https://goken-g.co.jp/ですが、

痛みのある場所に発疹ができているときはかかりつけの医師や皮膚科の病院へご相談ください。

 

腰痛治療専門家の先生のKYTセミナーへ行ってきました

2018/10/09 | カテゴリー:BLOG, 用賀本院

いつもブログをご覧いただき有り難うございます。

五健鍼灸整骨院用賀本院の吉田です。

日曜日の東京は夏がもどってきたような暑さでしたが、みなさんは連休はいかが過ごされましたか?

 

私は腰痛治療専門家の先生のKYTセミナーへ参加してきました。

 

今回の講師の先生はこれまでに世界39カ国でセミナーを行っており、日本でのセミナーは予約がとれない状態で、私も半年待ちでの参加でした。

 

受講生は北海道から沖縄まで全国から集まった治療家50名。

 

10時半にスタートした後はわずかな休憩があるものの、18時までほとんどぶっ続けというこれまでに経験のない熱いセミナーでした。

 

受講生同士3人一組で実技練習も行うのですが、セミナーが終わる頃には私の腰痛もすっかり治ってました!

岐阜の先生と埼玉の先生、治してくれてありがとうございます!笑

 

終了後の懇親会では皆でおいしいビールとちゃんこ鍋をいただき充実の一日でした。

臨床でしっかりと腰痛治療の技術を活かしていきたいと思います!

 

         

          

          講師のケン・ヤマモト先生と

 

 

世界中を忙しく飛び回りながらも、タイやフィリピンのスラム街の子供たちのところへボランティアに訪れるというとっても熱い先生です!

 

来月は「美容の鍼」のセミナーへ行ってまいります。

女性の皆さま、楽しみにしていてください!

 

(男性の皆もOKです!笑)

筋肉痛の正体教えます!

2018/10/03 | カテゴリー:BLOG, 用賀本院

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

五健整骨院用賀本院の吉田です。

道を歩いていると金木犀がどこからともなく香ってくるようになりました。 

秋が深まってきているのを感じますね。

 

 

今回はスポーツの秋にちなんだ筋肉痛のお話です。

 

久しぶりに運動をして筋肉痛!という経験は誰でもあるかと思います。

 

私も運動不足解消に、先日家族で相模湖プレジャーフォレストにある話題の鳥肌コロシアム・マッスルモンスターにチャレンジしてきました!

そして予想どおり翌日から全身の筋肉痛になりました。 笑

 

どんなアトラクションかというと ↓ こんなのです。 

           

 

ちっちゃくて分かりにくいですが、ほんとに鳥肌もののアトラクションです! 

皆さんもぜひ一度挑戦してみてください!

 

それでは本題に入ります。

 

子供はなぜ筋肉痛になりにくいのでしょうか?

 

答えは遅筋が多いからです。

遅筋とは、ゆっくりと長時間にわたって使われる筋肉です。

遅筋は別名赤筋ともいわれ、疲労しづらく、長時間動かし続けることができるので有酸素運動に向いています。

ちなみに長距離を泳ぐマグロの身が赤いのはこのためです。

 

逆に、瞬間的に大きな力を出すことができるのが速筋です。

速筋は、白筋ともいわれ、瞬発力が必要な運動に向いてる筋肉です。

無酸素運動に向いています。

 

 

ゆっくりとした持続的な運動では遅筋が主に働きますが、この運動では筋線維が傷つくことはありません。

子供が筋肉痛になりにくいのはこのような理由です。

 

逆に速筋が主に働く、速い激しい負荷は筋線維を傷つけます。

その結果起きてくる『筋膜炎』が筋肉痛の正体です。

運動することにより傷ついた筋線維が炎症をおこしている状態です。

 

このような筋肉痛にならないようにおすすめしているのは、「日常の程よい運動」です。

日々筋肉に負荷をかけていると、筋肉痛にはなりにくくなります。

 

筋肉痛がつらい、、、という方は、お風呂にはいって体をしっかり休ませて回復を促進してあげてください。

 

マッサージも筋肉痛からの回復を早めるのに大きな効果がありますよ!

 

五健整骨院 用賀本院ではリラクゼーションの指圧マッサージもおこなっております。

 

↑ここをクリック

第6回全体研修会開催~膝関節のマルアライメント(O脚・X脚)~

2018/10/02 | カテゴリー:世田谷本院, 弦巻本院, BLOG, 太子堂本院, 経堂本院, 用賀本院, 渋谷本院, 六郷本院, 西小山本院, 事業部, 人事採用

こんにちは!

全体研修会の様子を事業部・村上がリポート致します!

毎月第4木曜日午後はグループ全体の研修会です。

今回は9月27日に三軒茶屋にある五健本部ビルにて約30名の参加のもと行われました。

最初の1時間は3階会議室で座学。その後2階研修室に移動して2時間の実技研修を行います。

座学はパワーポイント資料をプロジェクターで共有するのですが・・・、

その前に!

全体研修会では毎回、前回の復習とミニテストを実施します。

机上の知識ではなく、患者様の症状軽減に確実に役立てられなければ意味はありません。

そのために復習は欠かせないのです。

テストで力量を確認するのも治療の現場で要求されるからです。

今回の研修内容は膝のマルアライメント(O脚・X脚)改善の解剖学と手技です。

今回の内容

1ハムストリングスへのアプローチ

2腸脛靭帯へのアプローチ

3大腿二頭筋へのアプローチ

4腓骨筋、腓腹筋へのアプローチ

5鵞足部へのアプローチ

6外側広筋へのアプローチ

7膝蓋腱へのアプローチ

8膝蓋骨の動きのチェック

これらの手技を座学で頭に入れ、研修室へ移動。

超音波画像観察装置にて筋肉の走行や構造、ボリューム、動き、血管の位置を確認した後、

二人一組でいざ実践!

筋膜と皮膚の癒着をはがし、関節の動きを改善していく即効性のある手技です。

明日からの現場で患者様へ提供できるように細かく学んでいきます。

研修の翌日、今年の新人スタッフが

「早速、臨床の現場で取り入れてみました!患者さんの歩いた痛みが改善しました!」と

目を輝かせて研修会の成果を語ってくれました!

毎月第4木曜日午後は休診させていただき患者様にはご不便をお掛けしておりますが、

このように知識、技術の研鑽に努め、

更なる地域貢献を目指してまいります!

お身体のお悩みは↓

https://goken-g.co.jp/

お気軽にご相談下さい!

今回のテーマと合わせて「膝」に関する以下の情報もチェック!!してみて下さい!

膝痛

変形性膝関節症

秋の花粉症

2018/09/06 | カテゴリー:用賀本院

花粉症といえば、春のスギ・ヒノキの花粉症が一般的ですが、秋に症状が出る人も実は少なくありません。

目がかゆい、鼻がむずむずする、喉がイガイガして咳がでる等は花粉症かもしれません。

代表的な植物は、

・ブタクサ(キク科):秋の花粉症の代表格。道端や河川敷など、全国的に広く分布している。

・ヨモギ(キク科):全国的に広く分布。8~10月に花粉が飛散する。とても繁殖力が強い。

・カモガヤ、オオアワガエリ(イネ科):どちらも花粉の飛散時期は5~8月で、夏の花粉症の代表格となっている。牧草として栽培され、道端や河川敷にも生息する。

目や鼻の症状に加え、皮膚のかゆみなど全身症状が出やすいことが特徴です。

五健整骨院 用賀本院では、花粉症対策として耳鍼、お灸、スーパーライザーを行っております。

花粉症かな?と思ったらお気軽にご相談ください。


 

知っておきたい秋の腰痛対策

2018/09/14 | カテゴリー:用賀本院

いつもブログをご覧いただき有り難うございます。

 

最近、暗闇バイクエクササイズが流行っているということを知った用賀本院院長で柔道整復師・鍼灸あんま指圧マッサージ師の吉田です。

 

やっと涼しくなり、昼も過ごしやすく夜もぐっすりと眠れるようになって嬉しいですよね。

いよいよスポーツの秋です!

 

今日のブログは、秋になにか運動を始めようかな・・・で腰痛がちょっと心配・・・という方は必見です!

 

暑い夏で運動不足になっている方は運動を急に始めるとギックリ腰が・・・、なりかねません。

  

ただでさえ夏から秋への季節の変わり目は不安定な天候や気温の低下により、ギックリ腰や寝違え等の患者さんがとても多い時期です。ご注意を!

 

運動時の腰痛の予防としては、急に激しい運動を行わず、ストレッチや軽い負荷の運動から徐々に身体を慣らしていくことが大切です。

そしてなんといっても腰痛の大敵は普段からの 間違った身体の使い方 です。

 

腰痛が心配・・・という方は以下を確認してみてください!

 

1 朝起き上がる時にはゆっくりと動き横向きになって起き上がりましょう。朝は体が強ばっていますので、急に起き上がるなどで腰痛が起きることがあります。まっすぐ腹筋運動をするように起き上がると椎間板に大きな負担をかけることになります。

2 顔を洗う時は背中だけまるめず、膝を使って腰を落とします。背中だけをまるめて洗顔をすると脊柱起立筋に大きな負荷がかかります。

3 床のものをひろい上げる時や買い物袋などを持ち上げる時も同じです。膝を曲げて行うよう心がけましょう。痛いときは無理をせず何かにつかまりながら。

4 いすに腰掛ける時は座面に深く腰掛け、背筋を伸ばしてまっすぐに腰掛けましょう。以前ご紹介したペットボトルを使った方法もお勧めです!腰椎を適度に前湾させましょう。

hhttps://goken-g.co.jp/8943/ペットボトル使いの座り方

https://goken-g.co.jp/671/腰痛について

 

 

いつものように座ると↓

正しい座り方↓

<ポイント>

①背筋を伸ばしたまま股関節を曲げる

②股関節を曲げたまま膝を曲げて座る

③曲げた股関節をまっすぐ伸ばす

 

あくまで予防ですので、ギックリ腰・背中、寝違え等になった場合にはお近くの五健鍼灸整骨院に!!

都内8院・・・https://goken-g.co.jp

用賀中町、上野毛、等々力、深沢近隣にお住まいの方・・・https://goken-g.co.jp/group/youga

 

 

 

 

納得!「はきもの診察」

2018/09/10 | カテゴリー:世田谷本院, 弦巻本院, BLOG, 太子堂本院, 経堂本院, 用賀本院, 渋谷本院, 六郷本院, 西小山本院, 事業部

 

 

 

 

 

 

 

五健鍼灸整骨院グループ代表で柔道整復師・鍼灸あんま指圧マッサージ師の武田と申します。

今回は五健式「はきもの診察」についてお話しします。

皆さんは普段ご自分が履いている靴やスニーカー、サンダルなどの“底面”を

じっくりと

・左右のはきものをキチンと揃えた状態で→内側、外側の減り方や汚れ方

・ひっくり返して→底面の減り方、壊れ方、地面を擦った痕跡

などを観察したことはありますか?

この観察によって、

様々な身体の健康状態や日常生活でのかたよった動作やクセを推測することができます。

 

 

 

 

 

 

 

1外側が減る(最も多いパターン)

・骨盤と股関節が外側に広がっている(O脚、ガニ股、外股)

・膝の内側、足首の外側、腰、股関節外側の痛み、外反母趾、歩行異常(身体を左右に揺らすギクシャク歩行)、下肢筋力低下

2内側が減る

・骨盤と股関節が内側に捻じれている(X脚、内股)

・膝の内側、足首の内側、腰、股関節内側の痛み

・肩こり、猫背姿勢、出尻、反り腰(腰椎前弯)

3つま先が減る

・骨盤が前方に傾いて歪んでいる(腰椎前弯)

・突進歩行、パーキンソン症候群、趾関節痛、つまずきや転倒

4かかとが減る

・骨盤が後方に傾いて歪んでいる(腰椎後湾)

・猫背姿勢、肩こり、腹筋・背筋力の低下、運動不足、浮き趾

・腰痛タイプ(狭窄症、変形性腰椎症)

・便秘、ガス蓄積(大腸機能低下)

5左右どちらか片方の減りが強い

・腰椎、骨盤、仙腸関節、股関節の歪み

・脚長の違い、左右の足の筋力相違、足の怪我や病気による後遺症

・左側の減り方が強い→横隔膜より下部の疾患(消化器、泌尿器、婦人科疾患)

・右側の減り方が強い→横隔膜より上部の疾患(循環器、呼吸器疾患など)

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょう?思い当ることばかり?思わず納得!

「満足」「不足」という言葉がありますが、

「満足」=十分なこと。完全なこと。

「不足」=欠けていること。不十分なこと。

(広辞苑より)

また、「足」は「口」と「止」の二つの漢字からできているように、

足の状態が悪化すると・・・

歩行に障害があるだけでなく、食欲や動作、行動など全身にも悪影響を及ぼすのです!

五健鍼灸整骨院グループでは、患者様が普段使用しているはきものを数足ご持参いただいて、

五健式「はきもの診察」

を行っております。

「はきもの診察」から得られた情報から、

身体の骨格調整、整体を行い、必要があれば「インソール」の作成も。

悪い状態やクセを補正し健康な状態で快適な生活が出来るよう取り組んでいます。

是非一度

「はきもの診察」を受診して下さい。

(丁寧な観察分析カウンセリングをしますので、ご予約の上お越し下さい)

 

 

 

 

 

 

 

https://goken-g.co.jp/

 

 

正しい重心の位置とは?

2018/09/08 | カテゴリー:世田谷本院, 弦巻本院, BLOG, 太子堂本院, 経堂本院, 用賀本院, 渋谷本院, 六郷本院, 西小山本院, 事業部

こんにちは!

五健鍼灸整骨院グループ代表で柔道整復師、鍼灸あんま指圧マッサージ師の武田と申します。

皆さん最近、こんな風景を見かけませんか?

電車のドアが開くやいなや座席を確保しようと、空き座席に駆け込む若者。さらに座れなかったら、

車内で座り込んでしまう。

駅などの待ち合わせでも建物の壁や柱に寄りかかっている若者も多いですね。

なぜか?

立っている時の重心が踵(かかと)寄りになっているからです。

昭和40年代~60年代のいわゆる高度経済成長期と比較すると、

現代では重心の位置が3~5㎝も踵の方に移動してしまいました。

重心が踵寄りになると自然と寄りかかりや、しゃがみこむ姿勢になります。

「猛烈」「働き蜂」などと揶揄されもした高度経済成長期の国民は、

肉体を張って労働に励んだ結果全身の骨格や筋肉が発達し、

あらゆる動作にも機敏に反応できていました。

また「マイカー」など庶民には「高根の花」でしたから、自分自身の足が交通手段だったのです。

さらに、今ほどエスカレーターやエレベーターの設置も充実していませんでしたので、

通勤通学だけでも運動になっていました。

 

 

そんな時代の次のエピソードをご存じでしょうか?

昭和の大横綱・双葉山関。

毎日重い鉄下駄を履き、踵を地面に付けず足の指先だけで歩いていたそうです。

横綱の足袋のほころびは必ず第1趾(親指)だけで、そのようなほころびは

大勢の関取の中でも双葉山ただひとりだった、と足袋職人の方が語られていました。

「昭和の角聖」と称された大横綱の力強い相撲は

身体の前方で重心を取りつつ、鍛え抜かれた足腰が支えていたのでしょう。

足の重心の良し悪しが全身に及ぼす影響がどれほど重要であるかは、

解剖学的にも運動学的にもすでに解明されているところです。

そう、理想の重心の位置は、

足の第1趾(親指)と第5趾(小指)と踵をそれぞれ結んでできる

三角形の中心で、ツボで言う「足心」(そくしん)と言われている所です。

私達は横綱とは違いますが、重心を前方に寄らせる事で

歩行時の歩幅を大きく、スピードも上げられます。

そればかりか、

・腰痛

・不良姿勢

・頭痛、肩こり

・顔、側彎(そくわん)、肥満など身体の歪み

などなどの改善や

・あらゆるスポーツ競技能力の向上

など身体の利点を獲得できます。

ケガの予防も含め、これらを獲得するために、

今一度自分自身の重心の位置を確認する必要があります。

五健鍼灸整骨院では、

独自の方法で、

前後、左右、回旋時の重心を分析し最も正しい重心が取れるよう

アドバイスをしています。

ぜひ、お近くの五健鍼灸整骨院でご相談下さい。

https://goken-g.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診療時間変更のお知らせ

2018/08/20 | カテゴリー:BLOG, 用賀本院

「わたしのインソール物語」第1章

2018/08/17 | カテゴリー:BLOG, 経堂本院, 用賀本院, 渋谷本院, 西小山本院, 事業部

 

こんにちは。五健鍼灸整骨院グループ事業部・村上です。

前回のプロローグでお伝えした通り私の足は・・・

回内足

偏平足

開帳足

によってワイズ(足囲)はナント5Eと言う悲しい現実😢

によって生じる悩みは

外反母趾(左>右)

膝痛(左)

股関節の違和感(左)

です。

外反母趾はもう何年も前から徐々に進行。ひどい痛みは減ったものの変形は静かに続いています。

💡そこでインソール!

NASYUアドバンスマイスターの経堂本院向井院長が薦めてくれました。

各種測定が終わり、次は足型取り。

超微粒な特殊スポンジが入ったアルバムの中に足を入れて、

前に、左右に、後ろに体重を傾けること2周。

「わたしの」足型が完成です。(上の写真)

この足型を基に10日~2週間位でオリジナルインソールが出来てきます。

でも、それだけじゃないんです!アドバンスマイスターは!!

例えば靴選び。

わたしはピッタリかもしくは少しキツメ位のサイズが良いと思って23.0㎝~23.5㎝を履いていたのですが、

靴の中のつま先部分の“遊び”が1.0㎝~1.5㎝程必要との事。

また、踵の硬さやホールド感、

中敷きが取り外し可能かなどなど・・・。

さらに、紐の結び方から履き方までレクチャー。

必ず毎回紐をほどく、ベロを真ん中に、踵をトントンして合わす、

わたしの場合は外側は上から中へきつめに、内側は中から上へふんわりと、紐を穴へ通していきます。

こんな事知りませんでした!!

インソールが出来るまでは、先ずはこの履き方だけでも実践。

これはほんの一部。

インソールの柄や素材もたくさんの中から選べます。

わたしはスカイブルーマーブルをチョイス。

出来上がりは第2章でご報告✌

経堂本院

渋谷本院(代々木上原)

西小山本院

用賀本院

あなただけの

NASYUオリジナルインソールは上記4院で扱っております!

 

 

1 2 3 4 5 6 12

トップページへ戻る

五健鍼灸整骨院グループのご案内

五健鍼灸整骨院 各グループ院のアクセスマップ
料金・アクセスはこちら

グループ院

整骨院の一覧を見る

おすすめメニュー

整骨メニュー一覧を見る

鍼灸メニュー一覧を見る

美容メニュー一覧を見る

整体メニュー一覧を見る

お悩み別に見る

お悩み別一覧を見る

訪問サービス

   

交通事故施術

   

交通事故施術関連

院別ブログ

新着ブログ

ブログ一覧を見る

Copyright © 五健鍼灸整骨院グループ All Rights Reserved.